コチドリの最期は時にあっけないがゆえに尊い

天敵を巣から遠ざけるため自らがおとりになる

コチドリたちの親は何を思って行動しているのか(写真:ふくろう/PIXTA)
生きものたちは、晩年をどう生き、どのようにこの世を去るのだろう──。
土の中から地上に出たものの羽化できなかったセミ、大回遊の末に丼にたどりついたシラスなど生きものたちの奮闘と哀切を描いた『生き物の死にざま はかない命の物語』から、コチドリの章を抜粋する。

天敵が巣に近づくと親鳥が飛び出しておとりに

地面に立つコチドリが翼をだらりと下げ、翼を引きずるようなしぐさをしている。

近づけば、翼をだらりと下げたまま、なんとか逃れようとする。

追いかければ、コチドリもこちらのようすをうかがいながら、少しずつ少しずつ逃げていく。

ところが、しばらく翼を引きずりながら移動していたかと思うと、いきなり飛び立ってしまった。

じつは、この鳥はケガをしていたわけではない。ケガをしているふりをしていたのである。これは「擬傷(ぎしょう)」と呼ばれるコチドリの仲間に見られる行動である。

コチドリは、スズメより一回り大きな体の鳥で、砂浜や河原などに生息している。砂浜や河原は大きな木が少なく、木の上のような安全なところに巣を作ることができないので、砂地の中に巣を作らざるをえない。そのため、巣とはいっても、砂地にくぼみを作っただけの粗末なものだ。大きな木も、岩もなく、見通しがよく隠れることのできない環境でヒナを育てなければならないのである。

親鳥は敵が巣に接近すると、警戒の声を上げる。すると、ヒナはじっと息を潜(ひそ)めて動かなくなる。ヒナにできることは、ただただじっとして、敵に見つからないようにすることだけなのだ。

広い砂地のどこかで、コチドリのヒナがじっと息を潜めているに違いない。

イタチやヘビなどの天敵が巣に近づくと、親鳥は天敵の前に飛び出して、この擬傷を行う。

そして、傷ついて飛べないふりをしながら、敵の注意を引き、おとりとなって敵を巣から遠ざけるのである。

自らの危険を顧(かえり)みることなく、子どもたちの命を必死で守ろうとするのである。

人間であれば、感動的な親子愛のドラマということになるだろう。

次ページ鳥類に人間のような愛があるのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT