3Dテレビや電子書籍端末、スマートフォンが花盛り、CESで見えた2010年エレクトロニクス界の潮流

世界最大級の家電見本市・CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)が1月7~10日に米・ラスベガスで開催された。CESでは、毎年、世界中のエレクトロニクス企業が最新技術、最新製品を発表するだけに、エレクトロニクス産業の潮流をチェックするうえで、最も注目されるイベントだ。

主催者の全米家電協会によると、2010年の参加者は昨年より6%多い12万人だった。もっとも、出展者数は昨年から約2000減って2万5000にとどまり、世界的不況の影響が感じられるものとなった。

さて、今年のCESで目を引いたのが3D(立体)テレビだ。薄型テレビの価格下落に悩む家電メーカー各社は、付加価値アップの切り札としてこぞって3Dテレビの展示に力を入れていた。3D映像の歴史は長く、つねにメーカーの期待を集めてきたものの、ヒットしきれない歴史を繰り返してきた。だが今年は、技術進歩に加えて、3D映画「アバター」の成功もあってか、メーカーは大いに盛り上がっていた。

 

このほかEブック(電子書籍端末)やタブレットコンピュータ、スマートフォン(多機能携帯電話)などの高性能携帯端末も多彩な発表があった。
 
 Eブックでは、現在のマーケットでは、アマゾンの「キンドル」、ソニーの「リーダー」がメジャーな商品となっているが、エッジ(eDGe、エントレージ・システムズ社)、キュー(Que、プラスチック・ロジック社)、スキッフ(Skiff、ハースト社)、アレックス(Alex、スプリングデザイン社)、コピア(Copia、DMCワールドワイド社)、サイブック オリゾン(Cybook ORIZON、ブッキン社)、E6、E101(サムスン社)と、数多くのEブックが各社から発表されていた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT