クッキーに落花生…名刺はここまで自由に!

単なるネームカードを超える

09年からインターネットで特殊加工の受注を始め、売り上げは5年で10倍。顧客はデザインデータ持参の個人事業主が多く、主流は100枚で1万~2万円台だが、素材に凝ったり2枚重ねにして飾り窓をつけたりした100枚10万円の名刺を注文した会社社長もいたという。

整理して保存しようと思うと、名刺は決まったサイズでなければならないが、そこから解放されればあり方は無限大だ。

経済ジャーナリストでフリーキャスターとしても活躍する谷本有香さん(41)は、テレビ局から独立したときに、深紅の紙にゴールドの英文字をあしらったカード入れに、名前やメールアドレスのほかに英語の自己紹介なども盛り込んだ小さなカードを複数枚差し込む、オリジナル名刺を作った。

人気商品をかたどる

デザイナーと構想半年。米国でMBAを取得していて経済と英語に強いことと、自身の情熱が伝わるように苦心した。カード入れごと手渡されると、まるでプレゼントだ。仕事で外国の要人にも会うが、

「驚かれなかったことがない。仕事の幅も広がり、人にも覚えてもらえるこの名刺は、運と縁をつなぐツールです」

コストをかけて名刺に単なるネームカード以上の役割を持たせる動きは、企業にも見られる。

日本マクドナルドは05年から、マックフライポテトやマックシェイク、ビッグマックなど人気の5商品をかたどったカラーの名刺を導入した。今年、ポテトとポテトが手をつなぐ新デザインを追加し、全6種類。全社員が全種類を持ち、相手に喜ばれそうなものを渡す。

持株会社制移行5周年記念で作られた日清食品グループの商品型名刺。ちゃんと名刺入れに入る。「もらう側が戸惑うのではと不安だったが意外と好評」だという

同様に日清食品グループは13年秋から、カップヌードルやどん兵衛など代表的な商品23種類の形をした名刺を使う。事業会社や部署によって持つ名刺が違い、名刺交換で1枚、2枚と手にすると、もっと集めたくなる。

レシピ投稿・検索サイトのクックパッドの名刺は、個々の社員の「一番好きなレシピ」入り。12年に導入し、キッチンで実際に料理を作ってもらえるようにと、防水加工までする念の入れようだ。

名刺交換の場で会話が弾むようになったのはもちろん、マクドナルドでも日清でも、顧客がビッグマックやカップヌードルとの思い出を自然と話してくれるようになった。結果的に、

「自社のブランド力を再認識する機会が増えました」(日清の広報担当者)

次ページ食べてかまわないクッキー名刺
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT