東京製鉄、電炉の雄が自動車用鋼板にかける執念

日本の電炉業界の展望を西本利一社長に聞く

先日、日本製鉄やJFEホールディングスが国内生産体制の再編、高炉の休止に踏み出されたのは自然なことだ。彼らも遅かったと思っているのではないか。

――高炉は地域の経済や雇用を支えているため、リストラは簡単ではありません。

会社の規模は違うが、当社では私の代だけでもスクラップ&ビルドは相当やった。高松工場を閉鎖したし、岡山では一部ラインを休止した。一方、新しい設備も立ち上げた。田原工場(愛知県)は厳しいリーマンショック後に立ち上げた(2009年11月)から大変だった。

にしもと・としかず●1960年生まれ。1984年東京製鉄入社、1999年岡山工場製鋼部長兼圧延部長、2004年高松工場長、2006年から現職(記者撮影)

――日本で電炉がシェアを拡大するには何が必要ですか。

スクラップからリサイクルできる品種の高度化だ。それを国内で消費していきたい。

電炉製品が主力である建築用鋼材の需要は先が見えている。丸棒もH形鋼もそうだ。

H形鋼では国内トップシェアだが、市場が拡大することはない。一方、鋼板はわれわれの生産規模からみると十二分に市場が大きい。(競争の激しい)レッドか(競争が少ない)ブルーかはわからないが、オーシャン(大きな市場)であることは間違いない。

日本のスクラップを有効活用したい

日本ではスクラップが有効活用されずに輸出されている。そうしたスクラップを鋼材に活用できるのが、自動車用の熱延鋼板だ。先代社長の時代から挑戦を続けてきた。あきらめず、将来はここを拡大していきたい。

――アメリカでは自動車用鋼板にも電炉の製品が使われているのですか。

アメリカでも自動車用は電炉製品がまだ少ない。高炉にとって最後の聖域だ。

ただ、鋼板需要のすそ野は広く、エネルギー用の設備などにたくさん使われている。だが、少しずつ電炉製品も自動車用に入っており、さらに電炉各社がすごい投資をしている。

「週刊東洋経済プラス」のインタビュー拡大版では「自動車用鋼板でどのように利益を出すか」「コロナ後の経営の在り方」についても詳細に語っている。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。