コロナで判明「つらくない職場」の決定的な要因

あなたの職場に「心理的安全性」はありますか

チームにコンパッションがあると、部下が主体性を発揮して生き生きと活躍を始めます。

ジャッジをせずに最後まで話を聴く

心理的安全性をアップさせるため最適な取り組みのひとつに、先述した「マインドフル・リスニング」があります。

マインドフル・リスニングでは、基本のマインドフルネス瞑想と同じように、相手の話に注意を向けて聴きます。その間、自分の意見は差し挟みません。ただ黙って、相手の言うことに耳を傾け続けます。

実際にやってみると、これがなかなか難しいのです。なぜなら、私たちは無意識のうちにあらゆることに対してジャッジ(評価・判断)するのが癖になっているからです。

とくに忙しいリーダー、中でも経営者や役員などは「意見を求められる側」であることがほとんどなので、評価をせずに他者の話を聴くということがなかなかできません。「その件はこうすればいいだろう」「なぜこうしないんだ」など、「こんな成果を出してほしい」「相手にこうあってほしい」という自分の意図や予測を手放すことが難しいからです。そのため、相手の話を最後まで聴かずに、途中で遮って自分から話し出すことが多くなります。「強い発信力」=「コミュニケーションがうまい」と思い込んでいるリーダーも少なくありません。

しかし、このマインドフル・リスニングを体験すると、「批判も判断もなく、ただ人に話を聴いてもらえるということは、こんなにもうれしいことなのか」と身をもって感じることができます。実際、このワークを体験して、泣き出した課長さんもいたほどです。この喜びを体感した人は、「聴く姿勢」を重要視するようになります。こうした過程を経て、コミュニケーションの質が変わっていくのです。

マインドフル・リスニングのワークで聴く姿勢を身に付け、ミーティング中の会話そのものもマインドフルに行うことで、意見交換を上辺だけのものではない、その人の内面に根差した意義深いものに変えていくことができます。

また、マインドフル・リスニングは、営業テクニックとしても使えます。あるリーダーによると、PCを使うのは本当に必要なときだけにして、「今、お客様が何を思われているんだろう」というところを見ながらアプローチしたら、商談の質がグッと改善して、成果もすごく上がるようになったといいます。

『マインドフルネスが最高の人材とチームをつくる―脳科学×導入企業のデータが証明!』(かんき出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

マインドフル・リスニングのワークの詳細は長くなるのでここでは割愛しますが、私の著書などでも詳しく述べていますので、興味がある方はそちらもご参考になさってください。

マインドフルネスの効果を感じられるようになるまでには個人差がありますが、8週間程度の継続で変化を感じられることが、多くの科学的調査から明らかになっていますので、焦らず、じっくりと習慣化していくことをお勧めします。

マインドフルネスは、ビジネスシーンだけでなくもちろんプライベートにもさまざまなよい効果をもたらします。特別な道具も必要なく、体ひとつで1人でも複数人でもはじめられるこのメンタル・トレーニングを、ぜひ皆さんも取り入れてみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT