コロナで判明「つらくない職場」の決定的な要因

あなたの職場に「心理的安全性」はありますか

多くの有力企業が取り入れている「マインドフルネス」。マインドフルネスが仕事にもたらす変化とは? (写真:damircudic/iStock)
緊急事態宣言が解除され、テレワーク生活から日々出勤する生活に少しずつ変わりつつある人も多いでしょう。中には変化の多い生活に疲れを感じている人もいるかもしれません。
そんな今、改めて注目してみたいのが「マインドフルネス」です。よりよく働くために、知っておくべきこととは?

リーダーシップに欠かせないマインドフルネス

グーグル、マイクロソフト、フォード、フェイスブック、ゴールドマン・サックスなどが取り入れていることで知られる「マインドフルネス」。

日本でも、ヤフー、リクルート、パナソニックなど、多くの有力企業がマインドフルネスに基づいた研修を続々と導入。トヨタまでもが研修プログラムを全社教育として導入しました。

最新科学によって、さまざまな効果があることが認められているこのマインドフルネスは、2013年のダボス会議でも優れたリーダーに必要な「自己認識力」「自己管理力」の開発法として採用されるなど、世界的な広がりを見せています。

とはいえ、「どういうものかよくわからない」「興味はあるけど、実際にやるのはハードルが高い」と思っている人も少なくないかもしれません。

そこで、本稿では、マインドフルネスが仕事にもたらす変化についてお伝えしたいと思います。

次ページたったの4日で集中力が最大50%アップ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT