さらば渡辺麻友!「まゆゆ」は本当に偉大だった

昭和のアイドルや映画女優のような稀な逸材

2014年の第6回AKB48選抜総選挙開票イベントで、まゆゆコールにトロフィーを手に喜ぶ渡辺麻友(写真:日刊スポーツ新聞社)

元AKB48で、卒業後、女優として活躍していた“まゆゆ”こと渡辺麻友(26歳)があまりにもあまりにも突然、芸能界を引退することを発表した。引退の理由は、所属事務所・プロダクション尾木によると「健康上の理由で芸能活動を続けていくことが難しい」ということである。健康上の理由とはなんだか心配になるが、渡辺麻友の健康とご多幸を祈りたい。

それにしても惜しい。渡辺麻友は昨今、稀な逸材だった。昭和のアイドルや映画女優などに近いといえるだろうか。昨今のアイドルや俳優はSNSの発展に伴って、「本人の素かな?」と思わせる部分も含めて人気を獲得していることが多いが、渡辺麻友にはいっさい素の部分が見えてこなかった。

スキャンダルはいっさいなく清純キャラを貫く

2006年、12歳(中1)で芸能界に入り、AKB48の3期生として活動を開始、栄えあるセンターを6回つとめ、2014年の選抜総選挙では1位に輝いた。その功績によって、前田敦子、大島優子、篠田麻里子、板野友美、渡辺麻友、高橋みなみ、小嶋陽菜と並ぶ「神7(かみせぶん)」の1人として歴史に刻まれている。人気アイドルながらスキャンダルはいっさいなし。清純キャラを貫いた。

AKB48はクラスにいそうで、手が届きそうな雰囲気をもった女の子たちの集団で、ただただかわいいだけでなく、やんちゃな部分を見せる者やファンに塩対応する者も含め、普通っぽさ、素の感じが魅力でもあったのだが、まゆゆだけは昔のアイドルのような違う世界にいる人のように、つねに整っていた。さらさらの黒髪、透明な白い肌、濁りのない瞳、小鳥のさえずりのような声、一挙手一投足にいっさい緩みがない。本質的にまじめで清い人だったのだろうと想像するが、芸能界でそれを徹底することはどれだけ大変だったろうか。

次ページ「さばドル」に見た顔の徹底的なコントロール術
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。