「東芝だけが黒字」な理由、テレビ事業復活の舞台裏(下)


 大半を海外で売るソニーは大赤字を出している。国内比率が40%と高いシャープでさえも海外の損失をカバーし切れない。それに対し、東芝は積極的な外部委託先活用で「米国での赤字垂れ流しを食い止めている」(大角氏)。海外の損失を最小化したうえで、国内で稼いだ分をガッチリ積み上げているのだ。

それでも、大角氏は「黒字額が小さい。ローリスク・ローリターンなだけ」と不満をこぼす。狙うのは数量を出しリターンを増やす作戦だ。「まずは1500万台を達成。すると違う景色が見えてくる」(同氏)。11年度にはさらに1800万台へ拡大という強気目標をブチ上げる。

 

最大市場の米国は、現在はベストバイを中心とした専門店チャネルが主。激安チェーンのウォルマートには踏み込んでいない。しかし、量を追うためウォルマートへの進出も「真剣に考えないといけない」(同氏)。

ウォルマートとの取引は量こそはけるが、他社担当者が「殺される」と嘆くほど、激烈な低価格を迫られる。さらにその場合は、専門店チャネルとの折り合いも難問だ。世界首位のサムスン電子はそこを両立させており、東芝もチャネル使い分けはやれるはずと見ている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。