年収がいくら増えても「幸せ」には直結しない訳

10万円と1000円のワインの味は100倍違うのか

衣食住の充実はもちろん、好きなモノが買えるようにはなりますが……(写真:Pekic/iStock)
「もう少し年収が増えたら幸せになれるのに」「もっと給料が高くなったらいいな」
このように思ったことはありませんか? おそらく、多くの人が、「ある」と答えるのではないかと思います。
人々がどうしたら幸せになれるのか。「年収1億円で劣等感ある人が不思議じゃない訳」(2020年5月30日配信)に続いて、科学的データや統計データを用いて論じた『年収が増えれば増えるほど、幸せになれますか?』から一部を抜粋し、お金と幸せの関係性について明らかにします。

幸せなお金持ちはお金にとらわれていない

前回の記事では、お金、社会的地位、モノなど他人との比較によって満足を得られる「地位財」による幸福は長続きしない、ということを説明しました。

どんなに年収が上がっても、モノによって得られる幸せばかりを追い求め、他人と自分を比較し続ける限り、幸せを感じにくくなる、という研究結果が出ているのです。

しかし、誤解のないように言っておきますが、お金持ちが全員、不幸なわけではありません。個人差があります。幸せの秘訣を目指しているかどうかが分かれ目だと思います。もちろん、私の知り合いにも、幸せなお金持ちはたくさんいます。

ここで重要なのは、幸せなお金持ちは、お金を持っているから幸せなのではない、ということです。幸せなお金持ちの共通点は、お金にとらわれていないことです。おそらく彼らは、全財産を失ったとしても幸せでいられるでしょう。

裏を返せば、「お金があるから幸せ」と思っているお金持ちは、幸せになれないということです。お金持ちだけではありません。私たち庶民も、「お金があれば幸せになれるはず」と思っていると幸せになれないのです。

私はよくこんなことを思います。風呂に入って目を閉じて「いい湯だなあ」と思うときの感覚は、家賃5万円のアパートの風呂だろうが、家賃100万円のタワーマンションの風呂だろうが、一緒だと。

タワーマンションのほうが多少広いとか、ジャグジーやテレビがついているとか、それくらいの差はあるでしょう。でも、タワーマンションは家賃が20倍だから、20倍気持ちいい、ということはありません。20倍高いソファも、20倍高い車も、20倍幸せだとは私には思えません。

このように、みなさんも例えば年収1億円の生活がどんなものか、想像してみるといいと思います。使えるお金が今より20倍になったと考えてみるのです。

もし家のない人がいたとして、その人が家を手に入れたら、幸福度は一気に20倍くらい上がるかもしれません。しかし、そのあとは緩やかなカーブになり、やがて幸福度には寄与しなくなるのです。

次ページ50万円と100万円のワインは素人に見分けがつかない
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。