コロナ禍で「遠距離結婚を解消」した夫婦の選択

「通い婚」がリモートワークのおかげで同居に

コロナの影響で3月末頃からリモートワークに切り替わった真由美さんは現在、ゴローさんの実家で一緒に暮らしていると言います。

離れていた日常から一転、今度は距離が近くなり、さらにはご両親も一緒に暮らす環境という状況の変化にけんかや戸惑いはないか聞いてみたところ、お二人からは「けんかも戸惑うようなことも一切ない」と歯切れのよい返事がきました。

さらに真由美さんは続けます。

「この家は、“帰りたい家”なんですよね。2人で暮らす新居を探すよりも、私のほうからこの家にしばらくいさせてほしいとお願いしたくらいです。義母は学校の先生をやっていたので、働く女性に理解あり、私が仕事で忙しく家族そろって食事ができないときでもそっと見守ってくれていますし、人の扱いがうまいのかもしれませんね。

それに、このコロナの中、1人でずっと大阪にいたら荒れ果てた生活だったと思うんです。1人暮らしの狭い部屋で、寝食も仕事も同じ場所で生活の切り替えができないでいたかもしれません。今のような生活と精神状態が保ってられて、規則正しい生活を送れているのは義理の両親のお陰でしかありません」

一緒にいられる幸せを実感

生活リズムは規則正しいご両親に合わせ、料理、洗濯、風呂掃除などの家事は、週の半分はゴローさん夫婦で分担しているそうです。真由美さんが仕事で忙しい平日はゴローさんが中心に家事をして、ゴローさんが忙しい週末は真由美さんが家事を担当。2人が忙しいときはご両親が担当と、ほどほどの距離を保ちながら親子2世代同居生活はうまくいっているそうです。

「今まで当たり前に会うということができなかったので、つねに一緒にいれることがどれだけ幸せなことかと改めて思いますね」とゴローさん。

全国で緊急事態宣言が解除される中、ゴローさんと真由美さんの“新婚生活“はまた遠距離結婚に戻ってしまうのでしょうか。一緒に過ごすことが当たり前となった現在、また離れて生活をするということを真由美さんはどのようにとらえているのでしょうか。

上の画像をクリックすると、「コロナショック」が波及する経済・社会・政治の動きを多面的にリポートした記事の一覧にジャンプします

「世の中のこの状況、この生活になって一番感じたのは、今の会社に固執しなくていいかなということですね。和歌山にいる今、ゴローが始めた新しい事業が忙しくなって仕事の手伝いをしているのですが、楽しいんです。ゴローも仕事の幅を広げたいみたいだし、それには人手がいる。今はまだ人を雇える状態ではないので、できればゴローと一緒にビジネスをしたいという思いが大きくなってきましたね」と。

それに対して「できることなら一緒に仕事したいですね。そろそろ妊活もしたいと思っていますしね。結婚して2年が経って、ようやく新婚生活がスタートしたような感じでいます」とゴローさん。

2人の“積極的遠距離結婚”は今後どうなっていくのか、生活を共にするようになったとしてもきっと何か個性的な関係性を築いていくであろうユニークなこのお二人からはまだまだ目が離せません。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。