コロナ禍で「遠距離結婚を解消」した夫婦の選択

「通い婚」がリモートワークのおかげで同居に

コロナ禍で“積極的遠距離結婚”を解消した夫婦は今、どんなふうに暮らしているのでしょうか?(写真:stockmate/PIXTA)

「コロナ禍で“積極的遠距離結婚”から積極的近距離結婚、つまりは普通の結婚生活になりました!」

そう笑顔で話すのは、和歌山県内でゲストハウスを営むゴローさん31歳です。

ゴローさんは、2年前に6歳年上の妻、真由美さんと結婚。それまで勤めていた宇都宮市内の会社を辞め、地元和歌山へ戻り一念発起。学生時代からコミュニティー作りが得意だったゴローさんは、海外からのゲストを熊野のある地元でもてなしたいと、ゲストハウスをスタートさせました。

妻の真由美さんとは、6年前に栃木県宇都宮市で出会いました。真由美さんは大手企業の宇都宮支社勤務で、会社の後輩がたまたまゴローさんの友人だったそうです。

2人が急接近したのは、民間ボランティアが運営する宇都宮花火大会でした。

真由美さんは花火大会募金の集金係で、真由美さんが出向けば、とにかくお金が集まるとうわさされるほどのやり手。ゴローさんはぜひそのノウハウを知りたく、真由美さんの後輩である友人に紹介してもらうことに。

それ以来、花火大会のボランティア会議などで会う機会も増え、ゴローさんが企画するイベントには真由美さんも参加するようになり、気が付けばお互いに惹かれ合って交際がスタート。共通の仲間も増え、ますます地域イベントの盛り上げ役となり、順調なまでの関係を築いていきました。

脱サラし、地元和歌山で起業することを決意

しかし転機が訪れます。

ゴローさんは、宇都宮でさまざまなコミュニティーイベントを企画開催するにつれ、1つの目標が芽生えてきました。

それは、地元和歌山で、国や地域を超えたコミュニティーを作ることです。

ゴローさんはつねづね自分で何かビジネスがしたい、何か発信できるものはないかと考えており、とくに実家のあたりは熊野信仰の聖地で外国人にも人気。これまでさまざまな国を旅歩いてきたゴローさんにとって、地元でのコミュニティー作りというのが明確になっていきました。そして、交際から3年ほど経った頃、意を決して脱サラ、起業することを決めたのです。

次ページどちらを選択しても「結婚」!
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT