「3列シート」のSUVが世界中で増えている理由

なぜミニバンではなくSUVに3列が必要なのか

日本で販売されるミドルサイズの3列シートSUVには、2列シート仕様と同じ車体に3列シートを詰め込んだものが多いが、海外メーカーでは専用にロングボディを用意するケースもある。

また、日本メーカー車であっても、海外で生産・販売し、日本では販売していない例もある。それは、日本ではミニバンが市民権を獲得しているから、あえて導入しなくてもよいと判断したと思われる。

3列シートSUVへのニーズはまだまだ高まる?

マツダが「CX-5」の上にCX-8をラインアップに加えたのは、ミニバンをやめるという決断もあってのこと。

従来の「MPV」や「ビアンテ」、「プレマシー」のユーザー受け皿として、しっかり使える3列目が必要だと考えたからだ。実際に専用ボディを持つCX-8は、2列シート仕様と同じ車体で3列シート仕様としたクルマとは、3列目の居住性が段違いに高い。

「CX-8」は6人乗りのキャプテンシート仕様と、7人乗りのベンチシート仕様を用意する(写真:マツダ)

CX-5とCX-8の販売台数を比べると、2019年度(4月~3月)にはCX-5が前年比69.4%の2万7737台で32位、CX-8が同58.0%の1万7999台で39位となっている。約1万台という差をどう見るべきか。

受け取り方はいろいろあるだろうが、価格の違いを考えると、CX-8がかなり健闘しているように思える。価格差を上回る価値を感じるユーザーが、それだけ多いということだろう。

レクサスRXは、現行型が登場した当初、3列シート車は存在しなかった。しかし、北米市場からの要望を受けて、発売約1年後に追加され、それが2017年末に日本市場にも投入された。

ただし、ホイールベースを変えずにオーバーハングを延長するという手法をとったため、3列目の居住性が高くない。それが災いして販売が伸びなかったことから、2019年秋のマイナーチェンジでアレンジを工夫し改善を図ったという経緯がある。

SUVに求められるのは、より優れた実用車であることにほかならない。3列目の居住性も高いにこしたことはないが、いざとなれば座れること自体が強みになる。「商品力」の高いクルマとして、今後もますますSUVは3列シートが好まれるようになっていくに違いない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT