BMW「3シリーズ」発売1年、期待を感じる通信簿

これなら5シリーズでなくても満足できる?

2019年1月に発表、同3月に発売された新型「3シリーズ」。価格は「320i SE」の461万円~(筆者撮影)

歴代「3シリーズ」と同じく、2019年1月末に日本で発表(発売は3月)された7代目となるG2#型も評価は高く、「日本カー・オブ・ザ・イヤー2019–2020」でのインポート・カー・オブ・ザ・イヤーをはじめ数々の賞を受賞したのも記憶に新しい。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

発表からこれまでをざっと振り返ると、発売当初に導入されたのは2.0リッター直列4気筒ガソリン直噴ターボエンジンを搭載する「320i SE」(受注生産)、「320i Standard」、「320i M Sport」、「330i M Sport」というセダン4モデルだった。

4月には日本国内で初となる「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム」を導入することを発表。「8シリーズ」「X5」とともに、新型3シリーズも対象となることがアナウンスされた。

5月にはセダンのラインナップの充実が図られ、新世代クリーンディーゼルを搭載した4WDモデル「320d xDrive」、走行性能と環境性能を両立させるプラグインハイブリッドモデル「330e M Sport」、直列6気筒エンジンを搭載したハイパフォーマンスモデルの「M340i xDrive」のプレオーダーが始まった。

9月にはステーションワゴンの「ツーリング」の導入を発表。ディーゼルや6気筒の高性能版も含めた全7グレードが同時に発売された。

商品担当のこだわりで生まれた「ディーゼル+4WD」

一連の流れにおいて注目すべきポイントがいくつかある。

まずラインナップについて、従来のF3#型では2.0リッターガソリンに設定されていた4WDのxDriveが、新しいG2#型ではディーゼルとの組み合わせとなり、逆にディーゼルに2WDの設定がなくなったことだ。

2.0リッターディーゼルターボは最高出力140kW(190ps)、最大トルク400Nm(40.8kgm)を発生する。JC08モードは18.9km/L(写真:BMW)

これは、「ロングドライブに向くディーゼルこそ、より路面状況を問わず安定して走れる4WDと組み合わせるべき」という商品担当氏のこだわりによるもの。むろん2WDに比べると販売価格が上がるため、販売サイドからは反対の声もあったようだが、「実際に使ってみればそのよさがわかるはず」との信念からこうしたと言う。

また、xDriveについても、かつては回頭性を重視して、できるだけ前輪を“駆動させないように”していたところを、より緻密な駆動力の制御が可能となったことから、従来に比べて4輪駆動となる時間を増やして、操縦安定性を向上させているという。

次ページ1000km走って確かめたその実力
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT