「3列シート」のSUVが世界中で増えている理由

なぜミニバンではなくSUVに3列が必要なのか

フランス勢ではプジョーが「3008」の上に「5008」をラインアップしたほか、プレミアム勢でもBMW「X5」やメルセデス・ベンツ「GLE」のように、従来は3列シートの設定がなかった車種にも最新型には3列シートが設定されるようになった。

【2020年6月4日9時30分追記】初出時、上記に記述した車種の一部に3列シートの設定がなかったので、修正しました。

さらには、メルセデス・ベンツのニューモデル「GLB」(日本未発売)も、コンパクトクラスながら3列シートが設定されている。このクラスで3列シートというのは日本車のお家芸だったが、時代が変わりつつある印象を受ける。

一方で、ちょっと意外なのがジープだ。かつて2006年~2010年にフラッグシップとして据えた「コマンダー」は3列シートを備えていたが、1代限りで終わり、その後は中国専売で3列シート車が存在するものの、グローバルモデルには3列シート車が存在しない。

また、日本でも絶好調のボルボも、3列シートの設定があるのは「XC90」のみだ。いずれも「グランドチェロキー」や「XC60」あたりの次期モデルには、3列シートが設定されるかもしれない。

超高級ブランドのSUV事情は異なる

かたや超高級ブランドとスポーツカーブランドは、大柄でも2列シートであることが暗黙の掟となっている。ベントレー「ベンテイガ」、ロールスロイス「カリナン」、ランボルギーニ「ウルス」、ランドローバー「レンジローバー」、マセラティ「レヴァンテ」、ポルシェ「カイエン」などは、サイズ的には十分に可能でも3列シートは設定されていない。

フラッグシップの「レンジローバー」にはロングボディはあっても3列シートは存在しない(写真:ジャガー・ランドローバー)

中でも興味深いのがレンジローバーだ。サイズの近い「レンジローバースポーツ」には3列シートが与えられていても、フラッグシップのレンジローバーには設定がないあたり、本当の高級SUVとはそういうものだ、というランドローバーのポリシーが感じられる。

そもそも3列シートを持つSUVが増えたのは、ユーザーの要望を受けてのことにほかならない。

もともとSUVは、北米で「サッカーマム」などと呼ばれたミニバンに食傷気味となったユーザーの受け皿として、たくましいルックスが受けて人気を得た。その意味では3列シートのあるSUVが好まれるのは不思議ではないし、実際に近所の子どもたちをフルに乗せても、ごく短時間だけ移動するぐらいの使い方なら、ミニバンでなくても十分、事足りる。

次ページミニバンをやめたマツダの決断
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT