トラックのいすゞ、意外な「ドル箱事業」の実力

タイで戦略車種を8年ぶりにモデルチェンジ

いすゞ自動車のピックアップトラック「D-MAX」は毎年、タイで販売台数首位を争っている。写真はバンコク市内で開催された新型モデルお披露目会の様子(記者撮影)

現地時間の10月11日夜、タイ・バンコク郊外にあるコンベンションセンターの大会場は熱気に包まれていた。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

この日開かれたのは、いすゞ自動車の新車発表会。現地で自家用車としても人気が高いピックアップトラック「D-MAX」の新モデルお披露目会だ。フルモデルチェンジした新型車を見ようと、招待された現地の販売店や部品サプライヤーの関係者、報道陣など3000人以上が会場に足を運んだ。

タイで圧倒的な人気を誇るピックアップ

日本から駆けつけた片山正則社長のあいさつ後、スモークとともにステージ上に新型車が登場。来場者たちは会場内に展示された多くの車両を取り囲み、実際に車内に乗り込んだり、車をバックに記念写真を撮るなどして閉会までにぎわった。

新型モデルの発表・お披露目会には、招待された販売店関係者ら3000人以上が来場した(記者撮影)

ピックアップとは、人が乗るフロント部分がSUV(スポーツ用多目的車)のような形状で、後部に開放型の荷台を備えた貨客兼用車のこと。北米で大人気の車種だが、タイでも歴史的に人気が高い。タイにおける昨年の自動車総需要104万台のうち、ピックアップだけで43%(約45万台)を占めるほどだ。

会社・個人が業務用に使用したり、農家が農作物の運搬に使うといった作業用途だけなく、いわゆる自家用車としても普及しているのが大きな特徴だ。「タイでは昔からピックアップに対する憧れのようなものがあり、ファミリーカーとしてピックアップを好んで購入する人が多い」(いすゞの現地販売担当者)という。道路事情が悪い地方になればなるほど、普通の乗用車よりも悪路に強いピックアップが人気だ。

車両価格はいちばん安い2ドアタイプでも50万バーツ(円換算で約175万円)、後部座席もある4ドアの最上位モデルになると倍以上する。現地の所得では非常に高い買い物で、ほとんどが長期のローンを組んで購入するのだという。

次ページトヨタ「ハイラックス」と首位争う
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT