トラックのいすゞ、意外な「ドル箱事業」の実力

タイで戦略車種を8年ぶりにモデルチェンジ

タイ・ゲートウェイ工場でのピックアップ製造風景。タイ・サムロン工場に続く製造拠点で、2工場で生産された車両は100カ国以上に輸出もされている(記者撮影)

そのD-MAXの最大販売地域がタイであり、いすゞにとっては、1国で全ピックアップ販売台数の5割近くを占める最重要マーケットだ。消費者への販売は、約300もの販売店を有する三菱商事傘下の現地法人(トリペッチいすゞセールス)が担っている。

ピックアップは開発・生産拠点はもタイにある。1974年から現地でピックアップ生産を始め、その累計生産台数はすでに400万台を超えた。現在、タイ東部の2工場(サムロン、ゲートウェイ)で生産しており、豪州や中近東、アフリカ、欧州など100以上の国々にもタイから輸出している。

足元ではタイの市場冷え込む

ただし、タイでの販売には逆風も吹いている。タイ国内の自動車全需は昨年、5年ぶりに100万台を突破したが、今年半ば以降は前年割れが続く。輸出産業を中心とするタイ経済の減速に加え、家計の債務増大を問題視した金融引き締め政策で自動車購入ローンが組みにくくなっているためだ。ピックアップもその影響を受け、8~9月は販売が大幅に落ち込んだ。

加えて、乗用車との競合も激しくなっている。トヨタの「ヤリス」、マツダの「デミオ」など、燃費のいい小型乗用車の人気が高まっており、とくにバンコク中心部などの都市部ではその傾向が顕著だ。10年前に比べて昨年のタイ自動車全需は約5割増えているが、大きく伸びたのは一般乗用車で、ピックアップ自体はほぼ頭打ちになっている。

そうした中で8年ぶりにフルモデルチェンジされたD-MAX。泰国いすゞの谷重社長は、「足元の市場環境はよくないが、新型D-MAXの出来には自信を持っている。今回の新型車で市場にインパクトを与え、販売を大きく伸ばしたい」と意気込む。

いすゞは昨年度スタートした中期経営計画の中で、ピックアップ事業の強靱化を謳い、2020年度に過去2番目の高水準となる39万台(2017年度比22%増)の販売目標を掲げる。かつて好調だったサウジアラビア、エジプトへの輸出が経済情勢悪化でピーク時より大幅に落ち込んでいるだけに、目標達成には主力のタイでさらなるシェア拡大が欠かせない。はたして、新型D-MAXがその強力な起爆剤となるか。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT