瀧本哲史「社会を変えるのはいつの世も若者だ」 明治維新は20代・30代主導で成し遂げられた

拡大
縮小
瀧本哲史氏が「今の日本を変えるのは若者しかいない」と断言した理由とは?(写真:kikuo/PIXTA)
2019年8月に病のため夭折した京都大学客員准教授の瀧本哲史さん。彼が「今の日本を変えるのは若者しかいない」と10代、20代の若者に檄を飛ばした理由とは? 2012年6月30日、東京大学・伊藤謝恩ホールで行われた“伝説の東大講義”を完全収録した新書『2020年6月30日にまたここで会おう』より一部抜粋・再構成してお届けする。

じゃあ、いったい誰が日本を変えていくことができるのかということですが、僕はやはり、みなさんたち若者しかいないんだと思ってます。

思い切った大きな変革というのは、若い人にしかできないんですね。たとえばさっきも少し話した明治維新というのは、260年続いた江戸幕府という中央政府を倒して、欧米の国々に肩を並べることを目指し、近代国家を樹立するという、とんでもない革命だったわけですが、じつはすごく若い人たちがやっています。

明治維新は20代・30代が成し遂げた

日本史の授業で薩長同盟とか出てくると思いますが、年齢までは習ってないですよね?

薩摩の代表をつとめた大久保利通は35歳で、長州の木戸孝允は32歳ですよ。明治維新の中心人物はほとんど全員、20代後半から30代だったんです。ここにいる20代のみなさんと、あまり変わりません。

あ、ちなみに、幕府側の榎本武揚は29歳でした。

なぜ榎本の名前を出したかというと、じつは僕、子供の頃に榎本武揚の子孫だと言われたことがあるんですね。ちゃんと調べたことないんでデマの可能性が高いんですが(笑)、それ以来榎本については関心が高くてですね、ちょっと榎本についてお話しさせていただくと、彼はもともと幕軍側の中心でありながら、戊辰戦争に負けて明治政府に降伏すると、そのあとで考え方をガラっと変えて、明治政府の中で活躍するんです。

それで「裏切り者」と批判する人もいるんですが、僕からすると、自分の立場にこだわらず、本当に世の中のためになることは何かを考えてシンプルに行動した結果だと思うので、もっと褒められてもいいかなと思っているんですね。

次ページ若者が国のトップになれたイギリスと韓国
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT