婚活が全然うまくいかない人の残念な共通点

「素晴らしい写真」なのになぜか断られる男性

そしてスタートしたお見合い婚活だったが、彼女はなかなか申し込まれたお見合いを承諾しようとしなかった。また、年収のいい年下にばかり申し込みをかけるので、受諾されることはなかった。

さらに面談で会うたびに、私に婚活アプリで出会った男性の相談をしてきた。その男性たちは、決まって年下か同い年。結婚相談所のサイトから申し込んでくる男性は年上ばかりだから、ピンとこなかったのかもしれない。

「この人、どう思います?」

アプリでマッチングした30歳のジャニーズ系男性の写真を私に見せて、言った。

「この間一度ご飯を食べたんですけど、割り勘だったんですよね。でも、5つ下だから、仕方ないのかなぁ。私、30歳を過ぎてから付き合うのはいつも年下なんですよ」

「年下とばかり付き合ってきた」という30代、40代の女性は多いのだが、それで現在が独身ならば、年上に目を向けてみるのも1つの方法だ。人としての魅力に年齢は関係ない。年上でも素敵な人は、いっぱいいる。

また、こんなことも言った。

「この間、友達に誘われて合コンに行ったら、3人の男性から『LINE交換しよう』って言われたんです。そのうちの1人は私もいいなと思ったので、今度ご飯を食べに行ってみようかと思っているんです」

これもモテる女性からよく聞く話だ。「合コンに行ったら、こんな男性に連絡先を聞かれた」「どこどこを歩いていたら、声をかけられた」「元カレからいまだに連絡がくる」などと、いつも男性から声をかけられている。しかし、それが結婚につながらない。

多くの男性にモテるのではなく、たった1人の男性に選ばれる。それが、結婚できる女性だ。

連絡はいつも相手からの“待つだけタイプ”

私の会員である井川清美(仮名、36歳)は、大林真人(仮名、40歳)と交際に入り、2カ月が経った。交際の様子を聞こうと思っていたときに、真人の仲人から連絡が入った。

「彼にしては、珍しくマメに連絡を取り合っているみたいなんですよ。『井川さんは明るくて、話をしていても本当に楽しい』って言っています。このまま結婚につながればいいなと思っています」

その話を聞いて、私も清美に連絡を入れてみた。

「大林さんのお仲人さんから、お電話をいただいたの。交際は順調そうね。『マメに連絡を取り合っていて、清美さんと話をしているととても楽しい』って、おっしゃっているそうよ」

こう言うと、清美は言った。

「マメにと言っても、週に2回くらいですよ。連絡を入れるのはいつも私からです。LINEを送ればすぐに返信が来るんですけど、彼から率先して連絡が来たことはありません」

真人は、大手企業に勤めていて、年収は870万円あり、結婚するにはよい条件の相手だった。

清美は続けた。

次ページ”待つだけタイプ”だが会うと楽しい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT