「再び婚活市場に戻る人たち」それぞれの事情

婚約したのになぜ結婚をやめてしまうのか

婚約しても、結局結婚をやめてしまう主な理由は、大きく分けて4つあるという(写真:Fast&Slow/PIXTA)  
お見合いで出会い、お付き合いを経て成婚退会をしたのに、婚約を破棄して再び婚活市場に戻ってくる人たちがいる。
毎回1人の婚活者に焦点を当てて、苦労や成功体験をリアルな声と共にお届けしてきた「仲人はミタ」だが、今回は番外編。婚約後に結婚をやめてしまう人たちの事象とその原因をつづる。

結婚をあれこれ指図、嫁にダメ出しをする親

結婚相談所は恋人を探す所ではない。結婚を目的とした男女が出会う場所だ。結婚を決めるまでの数カ月間に、急速に価値観や気持ちのすり合わせをしていく。気持ちを重ねた後に結婚を決めていく生活圏内での出会いとは、そこが大きく違うところだ。

この連載の一覧はこちら

いったんは婚約し、結婚に向けての具体的な話が進んでいくうちに、気持ちが大きくすれ違っていくカップルがいる。すれ違う原因を見てみると、大きく4つある。子どもに過干渉な親がいること、住む場所の問題、お金に対する価値観の違い、夫婦間のセックスの問題だ。

一昨年の12月のこと、斉藤美和(仮名、34歳)は、石野太蔵(仮名、40歳)からプロポーズをされ、成婚退会した。年末になって、2人で私の事務所にあいさつに来てくれた。すでに両家の顔合わせも結納も済ませたとのことだった。

「結婚式は、いつ挙げるの?」と私が聞くと、太蔵が言った。

「3月に予定しています」

すると、それまで満面の笑みをたたえていた美和の顔が少し曇り、こう言った。

「3月だと準備する期間もないし、もう少し後でもいいと思うんですけど……」

この美和の言葉をさえぎるように、太蔵が続けた。

「私が4月に部署移動するので、そのタイミングがいいんです」

役職が上がる栄転のようだった。このときは、この会話が大きな破局を生むとは思わず、私は聞き流していた。

次ページ美和から来たLINEの内容に…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • インフレが日本を救う
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT