「遊ぶ子」と「忙しい子」自己肯定感に出る大差

子どものスケジュール詰め込み過ぎに注意

子どもは遊んでいるとき、落胆に向き合ったり、注意力を保ったり、世界の意味を理解したりという、「自己肯定感」につながるさまざまな資質を伸ばすための練習をしている。感情を整えてキレない力と立ち直る力をつけ、思いどおりにいかないときのいら立ちに耐える能力を伸ばしている。

親たちに遊びについて、そして自由時間とバランスの取れたスケジュールの重要性について話すと、「理想論ね。じゃあ、あなたたちの子どもの場合は、どう対処しているの?」と、必ず尋ねられる。

できれば1つの活動に集中させていたいが…

この本の著者の1人であるティナは、子どもを持つ前に、「母親になったら子どもには1度に1つの活動しかさせない」と決めていた。スケジュールが詰まりすぎている子どもがいかに疲弊しているかを耳にしていたからだ。そういう子どもたちは家族と過ごす時間がなく、消耗してしまい、親に熱心に勧められたなんらかの活動を嫌うようになる。

すべてなるほどと思えたので、ティナは子どもがダンス教室に通いたがったら、その教室が終わるまでは、それだけをやらせることにした。スポーツをやりたがったら、シーズンが終わるまでは、ほかのことはやらせない。子どものスケジュールを詰まりすぎにはしないつもりだった(子育て本の作家であるわたしたちは、架空の子どもたちに対しては、つねに理想的ですばらしい親になれるのだ!)。

長男が生まれると、ティナは息子が手にできる、ありとあらゆる機会と、息子が示すありとあらゆる興味を目にした。

ほどなく“1度に1つの活動”の公約は試練にさらされた。ティナと夫は、息子にピアノを習ってほしかった。ところが彼は、学校の友だちといっしょにカブスカウト(ボーイスカウトの幼年部門)に入りたがった。さらに、運動競技への熱中が明らかになり、毎シーズン、あらゆるスポーツをやりたがった。

ピアノ。カブスカウト。スポーツ。それに遊びの約束、宿題、家族の外出を加えたら、どうやってすべてを予定表に組み込めばいいのだろう? そして今では3人の子どもがいて、それぞれが自分の機会と情熱を手にしている……!

もう1人の著者、ダンも、自分の子どもたちで同じ経験をして、音楽の演奏とバレーボールの試合でたくさんのわくわくする日々を過ごした。それは子育てにはつきものだし、子どもたちにこれほどたくさんの多様で楽しい選択肢があることには感謝している。

次ページスケジュールを詰め込みすぎている「サイン」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT