「不倫を叩く日本人」と「寛容なドイツ人」の大差

ドイツ人が「浮気相手に慰謝料を求めない」訳

「心の契約」と書きましたが、実は今のドイツの法律では配偶者が浮気(不貞、不倫)をしたという証拠をつかんでいたとしても、浮気相手に慰謝料を請求することはできません。

DV(ドメスティック・バイオレンス)などをのぞけば「離婚の原因が夫婦どちらかに帰する」という考え方はドイツにはないのです。

「失われた愛の慰謝料は存在せず」という格言があるほどで、「夫婦関係」にしても「新しい恋」にしても、どちらも「愛」の話なのだから、お金では計れないという考え方がドイツでは市民権を得ています。そう考えると愛がなくなったからといって、誰の責任も問うことができないというわけです。

「不倫された妻」に優しい日本人

ドイツでは夫側に新しい恋人ができたとき、妻側に同情する人も一部にはいるものの、「夫の新しい恋」を応援する人も多くいるというわけです。

筆者のドイツ人の知人もこの手の不倫の話になると、「彼(夫)をひきとめられなかった妻にも責任がある」「夫を満足させてあげられなかったから、夫の目が違うところにいった。だから妻にも責任がある」「早く夫を解放してあげるべき」と語るなど、むしろ不倫された妻を責めるような発言も目立つので、「妻からしてみたら酷だなあ」と思うことがたびたびありました。

「不倫された妻」に対しては、日本の世論のほうが優しいのです。

こうやって見ると、ドイツで「夫に不倫された妻」は踏んだり蹴ったりの印象を受けますが、同時に妻に対して「あなたにも近いうちに絶対に合うパートナーができる!」と励ます人も多くいます。

ちなみに冒頭のシュレーダー元首相の前妻(4番目の妻)だったジャーナリストのドリス・ケップフさんも、現在はニーダーザクセン州の内務・スポーツ大臣のパートナーとなり、幸せそうです。

次ページ不倫を必ずしも「悪」としないヨーロッパ人
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT