「生ビール」はお店でしか飲めないという大誤解

生ビールの「生」とはいったい何のことか

そしてここでやっと「生ビール」と「生ではないビール」の分かれ道がやってきます。糖を食べてお腹いっぱいになった酵母は沈殿しています。その酵母を取り除く工程で、熱で酵母の働きを抑える熱処理法と、濾過で取り除く、または酵母をそのまま残しておく無濾過という非熱処理法があります。

熱処理を行っていないほうを「生ビール」と呼びます。熱を加えていない「生」ということです。クラフトビールは瓶の中でさらに二次発酵を行うため、無濾過で酵母をそのままにしているものも多いです。

クラフトビールもオススメ

すべての工程を終えたビールは缶、瓶、樽などに詰められて、われわれの元へやってきます。ですので、お店でタップから注がれるビールでも、コンビニで家飲み用に購入したビールでも「生ビール」を選ぶことができる……のですが、実を言うと、日本では「生ビール」が主流で「熱処理ビール」のほうが少ないのです。

「キリンクラシックラガー」「サッポロラガービール」などの熱処理ビール以外は、「生ビール」ということになります。

キンキンに冷えたジョッキで飲むビールを「生ビール」だと思っていた方も多いと思いますが、そうではないことをわかっていただけたと思います。

『エンジョイ! クラフトビール 人生最高の一杯を求めて』(KADOKAWA)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

とはいえ、家飲みのビールに飽きてしまったという方もいるかもしれません。そんな方には、クラフトビールがおすすめです。

スーパーやコンビニでも気軽に無濾過の「生クラフトビール」を飲むことができますし、いまはクラフトビールのブルワリーがテイクアウトをしていたり、家飲み用にオンライン販売を行っているので、家にいながらさまざまな種類のビールを楽しむことができます(参考:『家飲みをちょっと格上げする「ビール」の選び方』)。

ビールの種類は実に150種類以上。自宅でいろいろな「生ビール」にチャレンジしてみてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT