家飲みをちょっと格上げする「ビール」の選び方

「とりあえずビール」はすべて同じ種類!?

急増する「家飲み」や「オンライン飲み会」。お家で飲むビールをより楽しむためのポイントや、ビールにまつわる豆知識をご紹介します(写真:HiroS_photo/PIXTA)

執筆業/イラストレーターをしております岩田リョウコです。オタク気質の凝り性で、ハマったことはとことん知りたくなり、これまでにコーヒーとフィンランドサウナにハマり、『ちょっとブラックなコーヒーの教科書』『週末フィンランド』という本を出しています。

そして次にハマったのが「クラフトビール」。4月9日『エンジョイ! クラフトビール 人生最高の一杯を求めて』を出版いたしました。緊急事態宣言の真っただ中にクラフトビールをエンジョイできるのか!?という心配もありましたが、皆さんお家で「家飲み」や「オンライン飲み会」という新しいエンジョイ方法を見つけているようですね。

これから、お家で飲むビールをより楽しむためのポイントやビールにまつわる豆知識をご紹介できればと思っております。

日本の「とりあえずビール」。実は全部同じ種類!

飲み屋で仲間と「とりあえずビール!」と注文していた夜が、もはや懐かしく感じる未曾有のコロナ禍による外出自粛。外で飲む代わりに、家飲みを始める人も増えています。

これからは家で一人で飲むことになるのかなんて思っていたら、家でも友達と一緒に飲んだほうが楽しいでしょ?とZoomなどのビデオ会議サービス、LINEやインスタライブなどアプリを駆使して遠隔で仲間と飲み会を楽しむ「オンライン飲み会」という新しい飲み会スタイルが誕生して、今までに増してテクノロジーに感謝する日々です。

家飲み用にビールの調達へ行くとき、居酒屋でもよく飲んでいるなじみのあるビールに手が伸びてしまいがちですよね。「とりあえずビール」は、アサヒスーパードライ、キリン一番搾り、サッポロ生ビール黑ラベル、サントリーザ・プレミアム・モルツ、ヱビスビール……あたりですが、実はこれらすべて同じ種類のビール。

つまり、1種類のビールを違うブランドで飲んでいるということです。そして、この世には150種類以上のビールが存在していて、日々新しい種類が生まれているのです。

例えて言うなら、世界には味も形も出産地も違うたくさんのフルーツがあるのに、ずっと日本の限られた3、4ブランドのりんごだけを食べ続けているような感じですね。

次ページ日本のビールは「ピルスナー」だった!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。