「生ビール」はお店でしか飲めないという大誤解

生ビールの「生」とはいったい何のことか

まず麦を発芽させてから焙燥して、芽を取り除きます。モルトの焙燥温度によってビールの色が変わってきます。高温で深煎りすると濃い色のビール、低温で浅煎りすると淡い色のビールが出来上がります。

その後は粉砕です。モルトを粗挽きにしてからお湯に浸して「マッシング(糖化)」というプロセスに入ります。モルトにはもともと糖がほとんどないので、マッシングすることで酵素がモルトのデンプンを糖に変えてくれます。ビールにアルコールと炭酸を発生させるために糖はなくてはならないものです。

次の工程は?

お湯と混ざったモルトはいわゆるお粥のような状態。それを濾して麦汁だけを取り出す作業を「スパージング」と言います。この工程で最初に出てきた麦汁こそが、1番搾り麦汁です。紅茶のティーバックと同じで、最初は濃く出ますが、濾す回数を重ねると麦汁もだんだん薄くなっていきます。

次は麦汁を煮込む作業です。まだここではただの甘い麦汁なので、苦味をつけるためにホップを投入します。煮込むのは、ホップの苦味を十分に浸透させるため、また殺菌のためです。煮込みが終わると次は発酵です。発酵ステージに行く前に一気に麦汁を冷やしてから、発酵タンクへと移動させます。冷やすのは菌の増殖を防ぐためです。発酵で酵母を使うため、ほかの菌の影響がないようにしなくてはいけないのです。

マッシングで出た糖を酵母が食べます。酵母が糖を食べると、アルコールと炭酸ガスが発生します。こうしてやっとビールの最終形態に近づいていくのです。発酵期間はビールのスタイルにもよりますが、ラガーで10日、エールで5日間ほどです。発酵が終わったビールは熟成・貯蔵して寝かせます。

次ページコンビニでも生ビールが飲める!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT