コロナの膨大な情報に踊らされないための心得

都合よく解釈せず裏側にも想像力を働かそう

――この緊急事態に、情報を受け取る側が留意すべき点は?

医療や健康の情報に限らず、情報収集において重要なのは、「複数のチャンネルから情報を集めて比較検討すること」だと思います。これは緊急事態でも平時でも同じです。

たとえば、SNSだけを情報収集のツールとしていると、「エコーチェンバー現象」(自分の知りたい情報がタイムラインに出てきやすくなることで、それこそが世の主流の意見だと誤解しやすくなること)が起きることもあり、使い方によってはむしろ危険なこともあります。

一方、テレビや新聞 ”のみ” の情報収集だと、見えない事実もたくさんあります。たとえば、特に現状においては、感染症や公衆衛生に詳しい専門家ほど忙しく、テレビや新聞の取材を受ける時間がなかなかとれないという問題もあります。

こうしたなかで「コンセンサス」を探る、という意味では、常に公的な情報(例えば厚労省やCDC、WHO等)を確認することも大切だと思います。情報の海に溺れそうになったら、まず公的機関がどう発信しているかを確認したうえで比較検討する、という習慣があるといいと思います。

特にセンセーショナルな発信、不安を煽るような発信を見ると、その正確性を判断する前に「誰かに伝えたい」とか「すぐに行動に移したい」と思う人が多いのですが、逆に「センセーショナルなほど信憑性を疑う」という姿勢が最も安全です。

想像力が「事実」となる時代

『ダイエット幻想―やせること、愛されること』(ちくまプリマ―新書)を出版するなど、医療や健康の情報が社会や個人の意識・生活様式に与える影響について研究を進めてきた医療人類学者・磯野真穂さん(@mahoisono)さんにも話を聞いた。

磯野真穂さん(医療人類学者)

データを見た磯野さんはまず、年明けから4月までのある時期を境に、エンゲージメントを獲得する情報の傾向が変わったことを指摘した。

――どのように傾向が変わったのでしょうか?

社会学的にはとても興味深いデータと思いました。1月から3月上旬ごろまでは、「コロナウイルスってどんなもの?」という基礎知識を解説したものや、厚労省のサイトなど客観性の高い情報が多くのエンゲージメントを集めていました。それが3月中旬ごろを境に、人の「名前」や「体験談」の入った記事が出てくるようになります。

これは「人称」が変わった、というふうに言い換えてもいいかもしれません。客観性の高い情報はいわば「3人称の情報」で、読者との距離は遠いものです。しかし人の「名前」の入った情報は、単なるデータではなく、「ある人が、こうして、こうなった」というようなストーリーが内在された「物語性のある情報」です。読者との距離は近くなり、自分事(じぶんごと)化して捉えられるようになります。いわば「1人称の情報」と言ってもいいかもしれません。

次ページ情報との距離の変化はどんな影響を及ぼした?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT