志村けんが「最高傑作」で挑戦した2つの掟破り

「だいじょうぶだぁ」が今見ても飽きない訳

世間でこの番組について語られるときには、「変なおじさん」や「ひとみばあさん」など、志村さんがコントの中で演じた個性的なキャラクターのことが取り上げられることが多い。だが、この番組の面白さはそこだけではない。

その手のキャラクター中心のコントだけではなく、「ウンジャラゲ」「パイのパイのパイ体操」などの歌ネタもあれば、同じシチュエーションでオチを変えて何度も短いネタを重ねていくこともあった。

個人的には、志村さんといしのが仲のいい夫婦役を演じるコントが好きだった。寝室で眠りにつく前の夫役の志村さんがとぼけた雰囲気の妻役のいしのにひたすら振り回される。夫に明日は5時起きだと聞かされた妻が「ご、ご、5時!?」と大げさに驚いたり、2人が仲直りのために「醤油、ラー油、アイラブユー」といった小気味よいやり取りをするところなどは何度見ても面白かった。

志村けんのコントが風化しない理由

『だいじょうぶだぁ』のコントが古くならないのは、そこに「生活感」があるからだ。志村さん自身も突拍子もない発想を考えたりするのは苦手だと語っている。

彼はコントの中で酔っ払いなどの人物を演じるときには、その人がどういう性格なのか、なぜ酔っ払ってしまったのか、などの背景を考えてから演技に臨むという。身近な題材からアイデアを膨らませて笑いを作っていくからこそ、志村さんのコントの魅力は風化せず、いつまでも面白く見られるものになっているのだろう。

『だいじょうぶだぁ』と同時期には同じフジテレビで『とんねるずのみなさんのおかげです』『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』などのコント番組が乱立していた。志村さんは後輩芸人の台頭を横目で見ながら、真っ向勝負でこだわりのコントを作ってきた。

志村さんはデビューしてから亡くなる間際まで、約半世紀にわたってほぼ休むことなくコント番組を続けてきた。『だいじょうぶだぁ』はそんな彼の最高傑作の1つだ。新型コロナウイルスの影響で自宅待機を余儀なくされている人々にとって、これほどの娯楽はないと思う。「だいじょうぶだぁ」と優しく笑って国民を勇気づけてくれる志村さんの勇姿を、この機会にじっくり味わってもらいたい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT