世界の映画会社が今アイスランドに注目する訳

日本では「エール」「麒麟がくる」が撮影中断に

広々とした大自然の光景があり、しかも、一見しただけではどこなのかわからないという魅力を持つここは、『オブリビオン』『インターステラー』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』『プロメテウス』『ゲーム・オブ・スローンズ』など、SFやファンタジー映画に使われてきている。

『プロメテウス』のリドリー・スコット監督は、次回作『The Last Duel』にも、アイスランドを使おうとしていたところだ。今作はフランスでのロケを終え、ちょうどアイスランド入りしたタイミングで撮影中断を余儀なくされていたのだが、アイスランド側がこんなにも早くも再開体制を整えたとあって、監督はさぞかし喜んでいることだろう。

どんな街並みも撮影可能

だが、アイスランドの特需に貢献できるのは、こういった風景を必要とする作品にかぎらない。スタジオにセットさえ作れば、どんな街が舞台になっているドラマや映画でも撮影が可能だからだ。たまに出てくる街並み風景は、そこだけ別に撮って差し込めばいいのである。

これはずいぶん昔から行われていることで、たとえばニューヨークが舞台のドラマ「MAD MEN/マッドメン」も、実は、第2シーズン以降はロサンゼルスのスタジオで撮影されている。オフィスの窓からニューヨークの街並みが見えるが、あれはセットの窓にはめ込まれた絵だ。

やはりニューヨークが舞台のニコラス・ケイジ主演作『ロード・オブ・ウォー』は南アフリカ、『ノウイング』はオーストラリアのメルボルンで撮影されている。筆者は両作品の現場取材をしているが、せっかく遠くまで行って、見られたのはニューヨークだったという事実に、多少がっかりしながらも、映画のマジックに感心させられたものである。

次ページ「ロケ地のメッカ」も経済再開
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT