無自覚に「部下のやる気を殺ぐ」リーダー6選

経営学者がみた「創造力をつぶす」NG行動

会社やチームのメンバーが持っている創造力を解き放つことは、重要なミッションである(写真:SARINYAPINNGAM/iStock)
コロナ危機で働き方がガラリと変わり、私たちのビジネスが実はさまざまな思い込みに縛られていたことに気づいた人も多いのではないだろうか。ウェブ会議しかり、在宅勤務しかり、はんこナシの決裁業務しかり。ありえないと思っていたことが、やってみたら意外とできたという声も少なくなかったようだ。
この経験をきっかけに、職場の「思い込み」を一掃することはできないだろうか。経営学者のマイケル・A・ロベルト教授は「イノベーションを妨げている唯一最大の障害は、職場にはびこる6つの思い込みだ」という。どのような考え方や管理職のふるまいが部下のアイデアの芽を摘み、創造性をつぶしてしまうのか。著書『Unlocking Creativity』から一部を抜粋・編集してお届けする。

創造力は生まれつきのものではない

どんな企業にもイノベーションを起こせる素地はある。生まれつき創造力が高い人と低い人がいるわけではない。あなたの会社にはイノベーティブな人材がすでにいる。

『Unlocking Creativity――チームの創造力を解き放つ最強の戦略』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

ただ、会社にはびこるさまざまな“常識”、先入観、認知バイアス、通念といったものが邪魔をして、彼らのアイデアを生かすことができていないだけなのだ。

そうした邪魔ものを取り除かず、クリエイティブな発想をつぶす主犯格としてふるまっているのは、役員や管理職などのリーダーたちだ。あなたの職場を見渡したら、こういうリーダーはいないだろうか。

【1】ライバル企業の調査に夢中の人

業界トップ企業や競合企業との比較や調査に、多大な時間とリソースをかける。ライバル社に後れをとるまいと、ライバル社を基準とし、自分たちが取り入れられる部分を探し求める。

他社を基準にして自社を評価すると、業務や品質の改善につながることもあるが、他社の戦略やビジネスモデルをまねるだけに終わることも多い。世界の航空業界に倒産が多いのは、戦略の相似がひとつの要因だ。

次ページ分析・計画・実行がアイデアを押さえ込む
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。