コロナワクチンに「最速で9月量産」という光明

英オックスフォード大学が早くも治験開始

ワクチン開発で好発進をきったオックスフォード大学ジェンナー研究所のヒル教授(写真:Mary Turner/The New York Times)

新型コロナウイルスを止める世界的なワクチン開発競争で、イギリス・オックスフォード大学の研究所が先頭を走っている。

ほかのほとんどの開発チームが安全性を実証する数百人規模の小規模な試験からスタートしなければならない中で、同大学のジェンナー研究所はワクチン開発で好発進を切った。これまでに手がけた臨床試験で、同様の予防接種(新型コロナとは違う別のコロナウイルスに対して昨年行われたものを含む)が人間に無害であることを証明していたからだ。

アカゲザルの実験では有効

オックスフォード大学の研究者チームは5月末までに、6000人以上を対象とした新型コロナウイルスワクチンの臨床試験をほかに先駆けて行う予定になっている。安全性だけでなく、有効性も実証したい考えだ。

同大学の研究者によると、効果が確認されて当局の緊急承認が得られれば、最初の数百万回分のワクチンは9月までに利用できるようになる可能性がある。公表されているほかのいかなるワクチン研究よりも、数カ月は先を行く。

さらに今回、その有効性を示唆する明るいニュースが入ってきた。

アメリカ・モンタナ州にあるアメリカ国立衛生研究所ロッキーマウンテン研究所の科学者たちは3月、6匹のアカゲザルにオックスフォードワクチンを1回接種した。動物たちはその後、パンデミックの原因となっている大量の新型コロナウイルスにさらされた。

これにより研究所のほかのサルはどれも発病したものの、ワクチンを接種した6匹は28日以上経過した後も健康を維持していた、と実験を行ったヴィンセント・ムンスター氏は語った。

結果はまだ分析中であるとしながらも、ムンスターは「アカゲザルは人間に最も近い存在だ」と述べた。5月上旬にはほかの科学者たちと結果を共有し、その後、査読付きの学術誌に論文を提出する予定だという。

次ページオックスフォードが先頭を走る理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT