35歳以上の人が、転職に成功する極意 35歳までとは、アピールするものが違う!

印刷
A
A

「われわれにおカネをくださるのは、業者ではない。結局、業者におカネを払っているのはお客様。だから、われわれはお客様から問い合わせの電話を受けたときに、お客様にとっていちばんいいように丁寧に対応すべきだ。業者の立場に立つ必要はない」

この答えは、質問する前から増澤さんがそうあるべきだと考えていた答えと一致した。社長のビジョンと価値観がしっかりしている。これで、3つの要素がそろった。

「この会社は絶対に伸びると確信した。一方で、両輪をつなぐ車軸や、社長のビジョンを伝える仕組みのところが、組織として未熟だと感じたので、そこを自分が担いたいと思った」

こうして十分に話し合ってから入社したので、ギャップが少ない。年収、ポジションの希望もかなえてもらえた。今、増澤さんは充実した毎日を送っている。

35歳以上にも追い風が吹く転職市場。だが、これは日本が本当の実力社会に切り替わる転換期なのかもしれない。力のある人は何歳でも動けるようになるが、力のない人にはむしろ厳しい時代になっていくだろう。追い風を背中に受けて、自分の思うとおりに進むには、確固たる軸を持つことが必要だ。

(撮影:風間仁一郎)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT