厳しい外出制限のドイツで際立つ「森」の存在

健康維持という課題にどう向き合えばいいか

この背景には、環境保護などのほかに、「生活の質を高める公共空間が必要」という了解がある。

上の画像をクリックすると、「コロナショック」が波及する経済・社会・政治の動きを多面的にリポートした記事の一覧にジャンプします

「生活の質」は、医療分野などでは個人の肉体的、精神的、社会的、経済的といったすべてを含めたものを指すが、より多くの人がリラックスしたり、家族や友人と余暇や運動を楽しめる環境こそが都市にはあるべきという考えが強い。

ドイツの都市には街路樹が多いのも、そういう発想が反映されている。

それでも違反者が出てくる

欧州の人々が芝生に寝そべる光景などを思い浮かべるとわかりやすいが、ドイツには自然を「愛でる」というよりも、余暇・運動など、より直接的な利用をする文化が強い。特に鉛色の冬が過ぎ、太陽が出てくると、よりいっそう人々は外へ出たくなる。

その結果4月最初の週末、ニュルンベルク市で約7050人の「違反者」が出た。警察が人々の外出状況チェックしているのである。暖かくなり、ストレスもたまってきたせいか、1週間前よりも増加した。

「コロナ以前」の森。普段からもよく使われている(筆者撮影)

もちろん、ジョギング・散歩、食料の買い出しなどは許可されているが、最も一般的な「違反」は、日光浴など自然の中での長時間の滞在だった。深刻なものだと自然の中でグループでのスポーツ、バーベキューといったものだ。違反者の内1030人が罰金を課せられた。

現時点では、一時的に権力が介入してでもウイルスを抑制せねばならない。しかし、ドイツにはアクセスしやすい自然空間がたくさんある。ドイツの人々にとって、なかなか悩ましい状況だ。また警察にとっても、こういう監視は初めてのはずだ。現場での判断が難しいところもあるだろう。

そこで、単独の日光浴などは問題ないのではないかという声が市民側から上がる。その結果、州の内務大臣が「日光浴はOK」と明言するにいたる。こういうときの権力はどう介入すべきか、妥当なところを探る社会的なプロセスが見られた形だ。

『ドイツのスポーツ都市 健康に暮らせるまちのつくり方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

ところで、4月に入った時点で見た日本の様子は、ざっくりした印象をいえば2~3週間前のドイツのようだ。すでに問題になっているが、外出が制限されると、次に出てくるのが健康維持やストレス対応だ。

このとき、人々が余暇や運動に使える空間はどのくらいあるのか。アクセスのしやすさはどうか、「使える自然」に整備されているかが問われるだろう。

日本の地方へ行けば、木や植物を植え、かなり手の混んだ公園が作られるケースがあるが、自動車を飛ばしていかねばならないところも多い。自治体全体を見たときに最適配置がなされていない形だ。コロナ禍で日常の「生活の質」を高める環境をチェックできる機会かもしれない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT