任天堂、「スイッチ」爆売れでも喜べない事情

供給網混乱で、ソニー「PS5」の発売に懸念も

任天堂スイッチの在庫払底が、なかなか解消されない(写真:任天堂)

「『ニンテンドースイッチ』の抽選販売受付を予定しておりましたが、大変多くのお申込みアクセスを頂きお申込みを頂けない状況が発生致しました」

家電量販大手のビックカメラは4月21日、自社のオンラインストアでこう発表し、抽選販売を一旦停止した。同日10時から任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の抽選販売の受け付けを開始する予定だったが、アクセスが集中し、サイトのサーバーに負荷がかかってしまったのだ。

1.5~3倍の価格で売買されるケースも

新型コロナウイルスで外出自粛要請を受けた「巣ごもり消費」の拡大で、需要が急増しているのがゲーム機だ。ゲームを主力事業にしている任天堂には予期せぬ追い風だが、国内の店頭やオンラインショップでは入手困難な状態がここ1カ月続くなど、供給が間に合っていない。

任天堂がスイッチおよび、廉価版のスイッチライトの国内向け出荷が一時的に止まったことを明らかにしたのは4月7日のこと。その1週間後の4月14日には出荷再開の見通しが立ったとしているが、実際には「供給が需要に追いつかず、店舗販売はしていない」(ビックカメラ)。同じくヨドバシカメラも「入荷数はゼロではないが、ごく僅か。入荷するとすぐ売り切れてしまうので、足元では在庫切れの状況だ」と語る。

家電量販店の店頭には、スイッチの入荷状況を知らせる掲示物が貼り出されていた(記者撮影)

外出自粛要請が出る中で、一時は購入希望者がスイッチを求めて量販店に長蛇の列を作ることが問題視された。そのため、最近は入荷分をオンライン上で抽選販売する量販店が多いが、冒頭のビックカメラのような惨事が多発しているのが現状だ。

こうした状況を受けて、フリマアプリの「メルカリ」やアマゾンでは、転売目的で購入されたと見られる新品・未開封のスイッチが、定価3万2978円(税込み)の1.5~3倍の高値で売買されるケースが横行している。任天堂も頭を悩ませるが、「需要に対して供給が追いついていない以上は仕方がない。1日でもはやく供給量を増やすしかない」と唇を噛む。

次ページ国内向けスイッチの在庫がなくなった理由
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。