ニューヨーク市民「行動制限された」生活の現実

現地在住者が見た都市封鎖における人々の行動

◼ COVERE YOUR FACE

アメリカにはもともと、アジアのように風邪予防にマスクを着用する習慣はない。筆者は、昨年の冬にマスクを着用して家を出たところ、顔見知りの警備員に「どうしたんだ?」と質問された。それほど、かつてのニューヨークでは、マスク姿は異様に映ったようだ。

コロナウイルスの感染が始まっても、ニューヨーカーの間では、「マスクは感染者がするもの」という認識が一般的だったと思う。ところが、WHOが4月になってから、感染拡大防止のために、感染の有無にかかわらず、マスクの着用を推奨する見解を示した。その頃から、ニューヨークの街中でも、マスクを着用する人々の姿が増え始めた。

4月17日には、ニューヨーク州で、他者との一定の距離を保てない公共の場におけるマスク等(バンダナなどでも良い)の着用義務が発行された。今では「COVERE YOUR FACE」、「KEEP THEM COVERED」という標語をあちこちで目にするようになり、すれ違う人の多くがマスクを着用している。路上では、サニタイザーやマスクを売る商魂たくましい業者も表れ、通りすがりに値段を確認した女性は、「近所でもっと安く買えるわ」と立ち去って行った。

公園のベンチでiPhoneを使って会話

◼ We are All in This Together

筆者の家の近所でコーヒースタンドに立ち続ける店員は、「毎日多くの人が買いにきてくれる。コーヒーは家でも飲めるけれど、僕たちには、INTERACTION(関わり)が必要だ」と話してくれた。

ニューヨーカーは、これまでも2001年の世界同時多発テロ、2008年のリーマンショック、2012年のハリケーン・サンディなど、多くの危機を団結して乗り越えてきた。今回は、「SOCIAL DISTANCING」が欠かせない状況で、物理的に集まって結束することも、友人とのハグで人の温もりを感じることさえもできない。

とはいえ、心のつながりは必要だ。週末前には、ニューヨーク市から、「STAY HOME。友だちや愛する人たちとは、電話やテキストメッセージ、ビデオチャットでつながろう」というメッセージが届く。公園のベンチでも、iPhoneをのぞきながら、知人と話をしている人の姿が見られる。

次ページニューヨーク市民の団結
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT