ニューヨーク市民「行動制限された」生活の現実

現地在住者が見た都市封鎖における人々の行動

タイムズスクエアで見かけた企業広告にも「Social Distancing」のコピーが訴えられていた(筆者撮影)

世界中から観光客が集まり、24時間ネオンが輝く「眠らない街」ニューヨーク。世界で最も新型コロナウイルス感染者が多いアメリカの中でも、特に感染が広がっている。

新型コロナウイルス対策によるロックダウン(都市封鎖)で、アート、カルチャー、レストラン、観光といったニューヨークらしい要素は失われ、ニューヨークの街並みも、ニューヨーカーの生活も一変した。ニューヨークは、眠ってしまったのか。現在の州民の生活を、ニューヨーク在住の筆者がキーワードと共にレポートする。

◼New York State on PAUSE

3月22日、ニューヨークに外出制限令である「New York State on PAUSE」が敷かれた。「on PAUSE」とは、「一旦停止(休止)」といった意味だ。当初は4月末までとされていたが、4月15日には、5月15日まで延長されることが発表された。

ニューヨーク州のクオモ知事は、4月20日のブリーフィングで、州内で新型コロナウイルスに感染して死亡した人は、17日は540人、18日は508人、19日は478人と、未だ厳しい数値ながら減少傾向であり、感染ピーク期を脱しつつあるという見解を示した。そのうえで、今後、感染率を上げないためには、引き続き州民の行動が重要であると、協力を求めた。

仕事の外出が認められる職業は?

◼STAY HOME, STOP THE SPRED, SAVE LIVES

外に出て仕事をすることが認められるのは、市民の生活に必要不可欠な仕事に従事するエッセンシャルワーカーのみだ。エッセンシャルワーカーには、医療関係者、電気・ガスなどのライフライン関係者、食料品や日用品の製造・販売者、酒店、ガソリンスタンド、郵便局、銀行などが含まれる。レストランは、デリバリーとテイクアウトの対応のみ許可されている。

ニューヨークでは、「STAY HOME, STOP THE SPRED, SAVE LIVES」が合言葉となり、不要な外出を避け、家にいることこそが、感染拡大を食い止め、人と自分の命を救うのだという認識が浸透している。

マンハッタンの公共交通機関である地下鉄とバスは、本数を減らして運行しているが、あちこちに「エッセンシャルワーカーのため」と表示され、エッセンシャルワーカー以外は「STAY HOME」することを啓蒙している。在宅勤務が推奨されている。

次ページ食料品の買い出しは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT