知的・精神障害者の知られざる「就職」の実態

2つの事例にみる保護者や教諭の切なる思い

理事長の髙森氏によると、健常者は1日800本ほどのおしぼりを包装するが、(生徒は)最初1日200本ほどだった。加藤氏や母親が言葉では理解しにくいことは手本を見せて、教えた。今では、障害者56人のうち、トップレベルになったという。

生きると思える職場をみつけた

ここで紹介した2人の障害者の就職は比較的スムーズに進み、長期雇用に至っている。その原動力は、2人の教諭と雇い入れた会社やNPO法人の力によるものだ。何よりも障害者の特性や性格、適性を見抜き、それが生きると思える職場を見つけ、2社に熱心にアプローチした教諭の力だと私は思う。加藤氏の次の言葉が、強く印象に残った。

「あるレストランで、私が勤務した特別支援学校の卒業生が厨房で調理をしていた。人事異動で店長が変わると、その仕事を取り上げてしまった。新しい店長は障害者には調理を作らせない、といったお考えだったようだ。卒業生は失意の退職をした。
企業は障害者を雇う意味をどうか、お考えいただきたい。特別支援学校の新卒の場合、生徒の卒業は保護者や家族、障害者支援施設や支援機関の職員たちの長年の支援の集大成によるものだ。卒業を喜ぶ人が生徒の周囲には多い。
当初、法定雇用率の達成や企業イメージの向上、法令順守を理由に雇う場合が多い。だが、採用担当者や現場の社員は障害者の人間的な魅力、例えば、素直な性格や黙々と努力する姿勢を次第に評価するケースがある。障害者が、職場を変えるきっかけになるかもしれないのだ」

今回取り上げた障害者の就職の舞台裏は、新聞やテレビのマスメディアではほとんど報じられない。障害者の就職の舞台裏には健常者の就職で見失いがちなことが凝縮されている。

2人の教諭が障害者の職場を探す執念に近い思い……。取材の場で教諭にじかに接している筆者も、その静かな迫力や情熱にこみ上げてくるものがあった。障害者の就職から学ぶものは多い。健常者は、この事実にもっと目を向けるべきではないだろうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT