坂上忍さん「大変なときに自分をいたわる技術」

何度も失敗しながら学んできたこと

――私は幼いころから女優になりたいと思い、劇団に入っていたこともあります。けれど祖父が亡くなったのをきっかけに、心の病になりました。今は家で安静にしているんですが、自信を失いかけています。「こんな自分が女優になれるのだろうか」と思い、とても不安です。(17歳、女性)

僕が劇団に入ったのは、祖母の死がきっかけだったらしいんです。自分では覚えていないけど、2歳7カ月のころに、大好きなおばあちゃんが亡くなってから、一言もしゃべらなくなった。

子どもからの質問に答える坂上忍さん(写真:不登校新聞)

「これはまずい」と思った母が、近所にあった児童劇団に僕を入れたそうです。劇団で友だちができてからは、すぐにべらべらしゃべるようになったそうですけど。

僕のスクールでも精神的な病気を抱える子はいます。そうなったら僕はかならず、親御さんと本人と話をします。

親御さんに聞くのは「ほかの子がどんどん先に進んでいく中で、立ち止まっている本人はきつい思いをします。それでもいいですか」ということ。そして本人に聞くのは「演じることがどこまで好きなのか」ということです。

スクールに来るくらいだから、当然やる気はあるでしょう。だけど現実を知って挫折してしまうこともあります。

成功から学べることは少ない

今、あなたが女優になりたいって強く思っているなら、諦める必要はまったくないです。でもずっと家にこもって悩んでいるだけならば、時間がもったいないとは思います。

今できることを考えて、具体的な行動をとったほうがいい。そうしたら気持ちは不安なままでも、目の前のことをやっている間は不安を忘れていられるでしょう。

行動をすることで先に進んでいけるかもしれないし、ほかに興味のあるものを見つけられるかもしれない。

ひとつ言えるのは、苦しい時期を価値のあるものにできるのは、ほかの誰かでもなく自分しかいないということです。

いつか「あのときの経験があったから、今の私がいる」と思えたら強いよね。僕のスクールでも、失敗こそが成功につなげられるということを教えています。

成功から学べることって、あんがい少ないものなんですよ。

次ページ机に「お前を殺す」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。