「地味」なドロップボックスが人気化した理由

“本当の便利”は、まだまだ見つかっていない

スタートアップに関する、数々の勘違い

ハウストンは、起業について勘違いされている数々の点を指摘する。

そのひとつは、経験のある起業家だけが成功するわけではないということ。シリコンバレーではすでに何度も起業を経験してきたシリアル・アントレプレナーがたくさんいる。経験を積み、コツを知った彼らには強みがあるだろう。

だが、ハウストンは言う。「いろいろなことを知っているのは、確かに資産になる。けれども、キャリアを積んでいくにつれて、世界のことがわかったような気になると、固定したメンタル・モデルを作ってしまい、フレキシブルでなくなるんだ」。ドロップボックスは、知らないからこそできたことがたくさんあったという。

また、市場に一番乗りしなくても成功する道はある。ドロップボックス以前に、似たようなサービスを提供していた会社はいくつもあった。グーグルの前にはヤフーがあり、フェイスブックの前にはマイスペースがあった。ドロップボックスは、同じ問題を本当に使いやすく解決したことで人気を得ていったのだ。

ハウストンは、知らないことを学ぶために、システマティックに勉強もしたそうだ。週末は何冊もの本を持ってアパートの屋上に上がり、ずっと読み続けた。テクノロジー、セールス、財務など、分野ごとに評価が高い入門本をアマゾンで買い、それをこなしていったのだ。

それでも、刻々と変化するテクノロジー業界や会社の状況によって、6カ月ごとに新しいことをどっさりと学ばなければならなくなるという。集中し、しかも速すぎると感じるほど素早く行動することが必要だと、ハウストンは強調する。

本当の便利さとは何か。ドロップボックスのアイデアの根源は、それを探ることにあった。2億人というユーザーが気に入ったのも、その点である。

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT