子の自立のきっかけ妨げる親がしがちなNG行動

難関中合格に必要なのは考える力と思考力だ

私がよく子どもたちに言うのは、「『正解した』ことに意味があるんじゃない、なぜそうなるのかをきちんとわかったうえで正解しないと意味はない」ということです。

しかしこのような学習は、実は年齢が進まないと難しいです。高学年といわれる4年生以降にならないと、「なぜ?」の部分になかなか興味が湧いていかないと感じます。

ですから、繰り返しになりますが私が強調したいのは「学力の基礎になる力は勉強の中だけで培ったり訓練したりするものではない」ということです。

日常生活にこそ力を伸ばすヒントがある

身の回りのことにきちんと神経が行き届いたり、心を配れたりするかどうかが、勉強における「丁寧さ」や「整理力」にも通じてきます。

例えば、算数では「条件整理力」と呼ばれる、問題文に記された設定を図や表にまとめる力が求められます。問題文に文章で書かれてあるだけでは理解しづらい内容を丁寧に読み取り、図や表に整理してまとめることができる条件整理力が育った子どもは、考える力もどんどん育っていきます。

条件整理ができれば考えやすくなるので、考える力も育つという相乗効果の関係にあるのですが、未整理状態のままでは正しく考えることができないので、考える力がなかなか育たないという状況に陥ります。

「条件をきちんと整理して書く」ことと「机の上を整理整頓する」ことを比べると、その行動時の神経の使い方や頭の使い方はほぼ同じだと言えます。

私は子どもたちに「プリントや文房具がぐちゃぐちゃに突っ込まれたカバンの中は、君たちの頭の中がそういう状態だってことを示している。その状態で何がどこにあるか把握できている? 短時間で正確に取り出せる?」と問いかけます。

さらに、そのぐちゃぐちゃのカバンの中身を保護者の方が全部仕分けして整理整頓しているケースに遭遇します。その親子の役割分担は、果たして子ども自身の力を育てることにつながっているのでしょうか。

『未来につなぐ中学受験』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

カバンの整理は勉強には直接関係がないように思えますから、その部分は保護者の方がサポートしてあげようと思っておられるのだと思います。

しかし実は、そうした行為が子どもの成長を妨げているとも言えるのです。どんなことでも自分でできることは、極力自分でさせないと子どもは成長しません。

中学受験では、もちろん最終的には結果を出すことが求められます。ただ、そのプロセスで子どもたちに求められるのは、学力をつけることに加えて「大人に近づくこと」なのです。

だからこそ、保護者の方にも、中学受験に取り組むことを、甘えの許された子ども時代からの脱却を促す機会として捉えていただきたいと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。