リケジョが持ち上げられ、落とされる理由

すべての女子は「小保方さん」である(上)

小保方さんが若い女性じゃなかったら

論文発表当時、小保方晴子ユニットリーダーが女性であることを、発表内容よりも大きく取り上げたのは、世界のメディアで日本と韓国だけだったといいます。

彼女が若く(1983年生まれ)、研究室ではかっぽう着を着るなど、いわゆる「女性らしい」雰囲気だったことも、メディアにとっては格好の素材でした。そこで、「リケジョの女子力」などの枕詞を冠し、彼女の成果を称賛したのです。

そして現在、彼女は一転して苛烈なバッシングにさらされています。中には私生活にずかずかと踏み込む媒体も。その激しさはまるで、「ほら、言わんこっちゃない」「勝手に俺たちの村に入ってくるからだ」とでも言っているように思えてならないのです。

彼女の研究の妥当性や論文内容、あるいは各メディアの報道モラルについても、ここでは触れません。

ですが少なくとも、もし彼女が理系じゃなかったら(たとえば、彼女は文学者だったら、もし彼女がいわゆる「かわいらしい」容貌でなかったら(たとえば、ボサボサ髪のベテラン研究員だったら)、あるいはそもそも、男性だったら……。これほどの過熱にはつながらなかったのではないでしょうか。

「理系」で「女子」だったからこその悲劇。男性が得意とされている分野での女性(特に若い女性)の活躍は、良くも悪くも好奇心の対象となり、結果的に、激しい敵視・攻撃にさらされることもありうる、ということです。

次回は、こうした現象は一部の学会とリケジョにとどまらず、多くの職場と働く女性にも通じる部分があるということについて、考えてみたいと思います。

※後編へ続く。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT