婚活ブームで何が起こったか?--白河桃子の「誤解された婚活」・婚活ブームを検証する 第1回(全4回)



●婚活ブームでも変わらない「昭和的結婚観」

 しかし残念ながら、もう一つの重要な意識変換は起こらなかった。

 それは「昭和的結婚観からの脱却」である。「男が家計のメインを受け持つ」という「昭和的価値観」のまま婚活をしていてもなかなか結果は出ない。なぜなら「中流の生活を男性一人では支えられない」時代に突入しているからだ。

 さまざまなアンケートなどを見ても、「7割の男性」が「妻にも仕事をしてほしい」と思っている。しかし女性サイドは「出産後の仕事と子育ての両立」には消極的だ。

 大企業で制度が整っている人はほんの一握り。1987年に未婚女性の正規雇用率は8割だったのに、今は5割超。女性たちも「就業継続」には自信がない。先輩アラフォー世代の苦労を見ていて「やはり子育てと仕事の両立は無理」と最初から諦観している。現に7割の女性が出産を機に退職しているのだ。となれば「子育て中は養ってくれる」ことを前提に結婚相手を探すことになる。男性サイドの収入が自分よりも低くてもいいと受け入れる女性は「将来上回るならOK」を入れて、やっと5割を越すぐらい。31歳のキャリア女性は、

 「私も仕事を辞めるつもりはないのですが、自分と同等以上に仕事をしている人となると、結果的には専業主婦を養えるという“甲斐性”のある人が対象になります」
と話す。「男の甲斐性」は今でも求められているのだが、「甲斐性」のある男性は婚活女性の数だけいないことは確かだ。

●婚活ブームで起こった4つのこと

 それなのに「昭和的結婚観」のままの婚活ブームは加速していく。
 以下は『「婚活」時代』が上梓されてからの「何が起こったのか」をまとめたものである。
(1)結婚情報サービスが「婚活」という言葉をビジネスの好機と宣伝に使ったことで、「婚活=婚活ビジネスを使うもの」という誤解が生じた。

(2)2008年9月のリーマンショックで「結婚して安定したい」という女性が増え、20代から婚活ブームに参戦。(結婚情報サービス、婚活ネットなどの会員増から)結婚に経済的な安定を求める風潮を後押しした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT