第4回 無用なケンカを回避するこんな方法

水は上手に抜いていこう

哀しい熟年離婚を回避するには、パートナーの心のコップに水(第一次感情)を溜めないことだ。
 溜めないとは、コップから適宜水を抜くことである。
 適宜リセットできていれば、パートナーの怒りの感情が持続することはない。リセットする方法として参考になる松下幸之助氏のエピソードがある。
 松下氏が厳しい口調で部下を叱責した翌朝、松下氏はその部下へ電話をし、前日とは打って変わった極めて明るい口調で「調子はどないや、また頑張りぃな」 とフォローしたそうである。
 部下は、こうしたフォローによって、松下氏へ恨みを持つことなく、その後の業務に邁進できたのだろう。
 これは、カップル間にも応用できることではないだろうか。
 言い争ってしまったら、後に引きずらない工夫をすることだ。
 それは、松下氏が発していたような、ちょっとした言葉による配慮なのかもしれない。
 ちょっとした言葉がけが、パートナーの心のコップに穴を空け、ネガティブな第一次感情の水を抜き出すことになるのだろう。
 適宜、上手に水を抜いていれば、第一次感情が、第二次感情である怒りや恨みへと近づいて行かない。

 今回紹介したように、私たちは、「第一次感情」「持続する」といった怒りの性質を理解しておくだけで、無用な論争を避けられるし、両者の間に溝や誤解も生まなくなる。
 こうした理解は、カップル間のみならず、良好な人間関係を構築するうえでも有用なはずだ。
 詳しくは、拙著パワハラ防止のための アンガーマネジメント入門をご一読いただきたい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本ブランドを売り込め!<br>中国向けEC販路の最前線

中国で2015年以降に広がったライブコマース。「ソーシャルバイヤー」が商品説明をライブ動画で配信しネットで注文を受ける、ECの新手法だ。東京からの配信開始で、日本企業も熱い視線を注いでいる。越境ECの新しい販路をリポートする。