自己肯定感のある人の「運を掴む力」が高い理由

自分で考えて自分で選ぶから開くサードドア

朝活の委員会については、巡り巡ってJAに企画を持ち込んだことがあります。年配の男性の方が数人出席して話を聞いてくださいましたが、いざ質問を受けると、自分が深く考えていなかったことを痛感しました。

そのときは、野菜ジュースをいただいて「がんばってね」と励ましていただきましたが、帰り道、ああ考えが足りていなかったなと反省したことをいまでもよく覚えています。

そうこうするうちに、私は就活にも失敗したまま卒業してしまい、「ミス成蹊」以降に自分がなにも成し遂げていないということがどんどん怖くなりました。同級生に対するコンプレックスも持ち始めていました。

ちょうど日本にファストファッションが上陸する時期だったので、「FOREVER21」のミスコンに応募して、初代「ミス21」になり、その肩書を引っ提げてファッションブログを書きはじめたりもしました。

他にも、実力以上の仕事をとりあえず「できます!」と言って引き受けて当日までに必死に頑張って追いつく、みたいなことを4年くらいやりました。が、なにかが違う。

分岐点になったのは、あるとき、「自分がいま持っているもので社会の役に立てることって何だろう?」と考えたことです。いまの自分は、ただ「なにかをやっている人」になりたいだけ。『サードドア』の中でいうとアレックスが初めの頃に質問リストをひたすら作って用意するような、一方的なことしかしていない。

「自分が人にどう思われるのか」ということにしか目が向かず、一緒に仕事をする人と何を残せて、社会にどんなインパクトを与えられるのかということには一切考えが及んでいなかったのです。

じゃあ、なにができるのかを考えると、そんなにやれることはありませんでした。ただ、ファッションの世界に関わっていたことから、女性向けの市場に企画を出すことは得意だと考えました。

そして、当時よく友達の悩みに「それって今日はできないかもしれないけど、なにも3年も待たなくても、次の週末にできるようなことだよ」というふうに話している自分がいました。

そこから「“いつか”ではなく、“次の週末”にする」という距離感で人を励ます、元気にするというコンセプトが浮かび、ライフスタイルプロデューサーとしての活動や「NEXTWEEKEND」立ち上げへとつながっていきました。

ただ、おそらく昔の私がタイムスリップして「NEXTWEEKEND」と聞いても意味がわからなかったと思います。がむしゃらに走ったからこそ、ここに至った、そこに気づけたんだと思います。

自己肯定感を高めて「運のバス」に乗ろう

いまの若い世代には「やりたいことがわからない」という悩みが本当に多いです。そういう人は「がむしゃらに走ればいいんだよ」と言われてもつらいだけですし、走るにしても景色のいい所を走っちゃうと思います。

まずは日常的に小さな自己肯定感を積み重ねていくことが大事だと私は考えています。自己肯定感を高めておかないと、「運のバス」が来ても乗れないんですね。

自分の考えを誰かにアウトプットしてみることも、その助けになります。アレックスは「成功者にインタビューしよう」と考えた翌日、友達を集めてそのことを話していますね。「ビジネスはビル・ゲイツ」「テクノロジーはマーク・ザッカーバーグだ」という風にみんなで語り合ったことでモチベーションが高まっていきました。

次ページ相手に対する興味を持とう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT