自己肯定感のある人の「運を掴む力」が高い理由

自分で考えて自分で選ぶから開くサードドア

アレックスは、大学の寮のベッドに寝ころんで「本当のところ、僕はどう生きたいんだ?」と悩んだ末に、「成功者にインタビューすることが正解だ」と考えて行動を起こします。

村上萌(むらかみ もえ)/「季節の楽しみと小さな工夫」をコンセプトに掲げるコミュニティメディア「NEXTWEEKEND」代表。ウェブサイトの運営をはじめ、連動した雑誌の刊行や週末イベント、ECストアの運営、その他空間や商品などのプロデュースを手がける。コーヒースタンド「GARTEN COFFEE and Seasonal Wishes」を東京・神宮前のオフィスに併設。著書に『カスタマイズ・エブリデイ』『深夜の、かけこみ横丁』、雑誌『NEXTWEEKEND』『週末野心手帳』など(写真:ガルテン提供)

私の場合は「朝早く起きて活動することが人生をよくすることだ」と考えて、朝活の委員会のようなものを作り、名刺を刷ってがむしゃらにいろんな人に会いに行くということを始めました。どういう活動メリットがあるのかわからなかったけど、夢を語っている人じゃなくて、何かを成し遂げた大学生になりたかったんです。

大学に通ってバイトして、という毎日の中で「本当にこれでいいのかな? 自分はなにをしているんだろう?」という思いがとても強かったんです。私は大学在学中に「ミス成蹊」に選ばれて、テレビの学生レポーターになるなど活動はしていました。

ただ、「ミス〇〇」のような肩書は、客観的には「ああ、そういうのになりたくってなった人ね」と思われて終わってしまう要素でしかありません。それが怖かった。

アレックスも、メンターのエリオット・ビズノーから「インタビューして本を書いても、それはお前のキャリアにはならない」と言われるシーンがあります。それと似ていて、私はミスに選ばれて頭にティアラを載せられた瞬間から「で、どうするの?」と自分自身への問いかけが始まりました。

がむしゃらに走ることこそ、意味がある

アレックスは、エリオットにいろんな経営者仲間たちを紹介されたり、朝食会に出たりするようになりますが、その際に役立つのが、テレビのクイズ番組に出場して優勝賞品を獲得し、それを売って得たお金を活動の軍資金にしているというエピソードです。

これは私にもよくわかります。私は「ミス成蹊である」ということを、話のきっかけに役立てていた時期がありました。初対面の人に「ミス成蹊だけど、こういう企画を考えてなにかやろうとしているんだって」と、「〜だけど」の掛け合わせにより意外性を持つことで、インパクトを与えて振り返ってもらうことができたのです。

そうしてご縁をいただいて、活動範囲を広げていきました。誰に会っても全力で話して、「自分はこう思います!」といつもストレートにぶつけていて、暑苦しい人間だったと思います。

アレックスのように、チャンスがあるとすぐに翌日の飛行機のチケットをとって出かけて行くというようなことも何度もしました。とにかく走りまくって止まらないことで、変わってゆけるんじゃないかと。

まさに、『サードドア』のなかでチー・ルーが言っていた「運がバスみたいに来る」と思ってやっていたんです。もう、すべてがチャンスに見えていました。でも、そうやっていろんな人に会いに行っても、実際、自分が何をしたいのかと言うと、明確にはわかっていませんでした。

次ページなにをしたいかより、なにができるか
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。