豊田章男の「運転の師匠」がこだわり続けたこと

成瀬弘氏はなぜ「ニュル」を走り続けたのか

ここからは「ニュルブルクリンク」と「新車開発」についての“成瀬節”をお届けしたい。まずは、ニュルブルクリンクについて。

――ニュルブルクリンクを走った時の印象はどうでしたか?

まず「とんでもないところ」に来たなと。ただ、ここはレースをする場であると同時に「開発の場」としても使えると感じました。

――何が“とんでもない”のでしょう?

日本のサーキットはほとんどがフラットですよね。でもニュルブルは、一般道をそのまま持ち込んだ感じです。

ブラインドコーナーはもちろん、ジャンピングスポットもある。1周20km近くあるのに平らなところが1つもないうえに、路面その物も荒れている。とにかく日本のサーキットやテストコースの環境とはまったく違いました。

いまだに1周を完璧に走ったことがない

――長くニュルブルクリンクを走ってきて、道は変わったと感じますか?

ニュルブルクリンク北は1周20.8km、高低差300m、コーナー数170以上(写真:トヨタヨーロッパ)

昔はほとんど変わらなかったけど、ここ2~3年で路面補修が進んでフラットになっています。そういう意味では、昔よりは危険ではないです。

加えてクルマの性能もよくなっているので死亡事故も少なくなっているはずですが、それでも年間3~5人は亡くなっています。僕も実際に目の前で死亡事故を目撃したこともあるし、救助したことも。

――成瀬さんはいつも「道がクルマをつくる」とおっしゃっていますが、やはりニュルのようは所で鍛えないとダメですか?

日本は100km/h制限の国ですが、世界に通用するクルマにするには“走る道”を選んではダメ。だから、都内の渋滞からニュルブルの高速走行まで鍛える必要があります。

――ニュルブルクリンクを走って何を確認し、何を見ているのでしょうか?

僕がなぜニュルブルに通い続けるのかと言うと、一つ目は「自分がまだ走れるかどうか?」、「ドライバーとしてニュルブルの中に入ってやっていけるかどうか?」を確認するため。

かれこれ40年近く走っていますが、まだまだ走り足らないし、いまだに1周を完璧に走ったことがないです。もちろん、あるクルマで「8分フラットで走れ!!」と言われれば、±1秒以内で走ることはできますが……。

次ページニュルで鍛えたスープラはすごい
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。