豊田章男の「運転の師匠」がこだわり続けたこと

成瀬弘氏はなぜ「ニュル」を走り続けたのか

――では、成瀬さんにとっての「理想のクルマ」は、どのようなクルマでしょうか?

「このクルマ、もう1回乗りたいな」と直感的に思ってもらえるクルマですね。例えばレストランに行って「おいしい」と感じる時って「どこがおいしい」じゃないでしょ。

「ここはうまいぞ」、「1万円を払ってもいいよ」と思わせる味を出すことが、僕の考えるクルマの理想に近い。

――その実現のためには、数値では見えない感覚や官能性の部分も重要ですね。

数値は結果。それよりも、自分たちの重ねてきた経験のほうが大きい。一つ言えるのは「いい物は味が出る」と言うこと。味は数値では表せないでしょう。

――その経験はどうやって?

この仕事を始めた時、「クルマのことはわからないけど、見たらわかる人間になりたい」と思いました。そのためには走り込む必要がある、多くの物を見る必要がある、さまざまな場所に行く必要がある……と。すると、いろいろな物が見えてきました。

その結果、僕はクルマを見て「ここはおかしい」と思ったり、言えたりと。決して天性の物ではなく、すべては経験がそうさせただけです。

――いつもどのような目線でクルマを開発しているのでしょうか?

僕は「こういうクルマをつくる」と思ったことは一度もありません。常に買っていただくお客様のことを考えています。お客様はわれわれを信じて買ってくれるから、僕は魂を込めてやっています。本気で取り組むからこそ、妥協はできません。

成瀬氏の遺影を手にする豊田章男社長(写真:トヨタ自動車)

クルマって生き物なんです。計算したら「ダメならダメ」と言う答えしかでてきません。でも「これが違う」、「ああじゃないよ」と対話していくと、違った答えが出てくる。

そういう意味で言うと、クルマって感情がちゃんと人間に返ってきます。だから、僕はテストドライバーではなく評価ドライバー、カッコ良く言うと「ドライビングドクター」かな。クルマを健康な状態でお客様に届けるのが僕の仕事。

――ドライビングドクターになるには?

正しい走りをして正しい判断ができること、クルマからの情報を聞き取ること、その情報を言葉にして伝えられること。つまり「できる/わかる/言える」の3つができる人ですね。

継承される成瀬氏の生き様

筆者は、豊田社長が「もっといいクルマづくり」と語る本当の意味は、成瀬氏の生き様そのものだったのではないかと思っている。

なお豊田社長は、2019年のニュルブルクリンク24時間レースにドライバーとして参戦した際、「スープラをニュルで成瀬さんと一緒に走らせたい、成瀬さんが育てたメンバーと共に戦う姿を見せたいという思いで参戦を決意した」と語っている。

実は決勝日が命日(6月23日)と重なり、豊田社長は成瀬氏が亡くなった時間帯にステアリングを握った。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。