「3.11」はダメ夫と家族をどのように変えたのか

「津波ごっこ」をする、親を失った子どもたち

冒頭に登場した友人家族は内陸地の友人なので、家の外のブロック塀が崩れたりという一部被害はありましたが家も家族も全員無事でした。

地震当時は夫は仕事へ出かけ、妻は生後6カ月の次女とまだ幼い長男がいたので育休中でした。長女は小学校1年生で、長女の下校に合わせて迎えに行き、予約していた歯医者へ向かって車を運転していたところへ、突然車のハンドルが利かなくなるほどの大きな揺れが襲ったといいます。

歯医者は諦めてすぐに自宅へ引き返すも、電柱は倒れ、電線は切れ落ち、障害物だらけでなかなか前に進めない。幼い子どもたちは見たことのない状況にパニックを起こし、なだめながらなんとか車を進めて自宅へと急ぎました。途中、夫に連絡するもすでに回線がストップ。

夫も車通勤で、個人経営の小さな会社で勤めていたので、すぐに帰宅命令が出たものの、道路はぐちゃぐちゃ、街灯も倒れ辺りは真っ暗の中地鳴りはするし、何度も大きく揺れては木や電柱が道に倒れ、立ち往生して渋滞。帰宅するのに普段30分の道のりが何時間もかかり、帰宅したのは深夜だったといいます。

食材は冷凍食パンとカレールウだけ

帰宅途中にある家が大きく揺さぶられ、住民たちが避難して道路に出てくる姿や、電柱や信号機が折れ曲がって崩れ落ちる風景を目の当たりにしながら、家族と連絡が取れない時間はとても長く感じたことと思います。

「夫が帰ってきたときは涙が出たし、夫も目を真っ赤にして泣いてた。子どもたちもずっと不安そうにしてたし、何度も何度も揺れて家の中がもうぐちゃぐちゃだったから本当に死ぬんじゃないかと不安にあおられた」と語っていました。

しばらくの間、電気、ガスがストップしていたので、テレビは見れずに情報が入ってこない、物もなければガソリンも入れられない。内陸地は支援物資もなく、食材が冷凍庫の食パンとカレールウだけになり、食パンだけを具にしたカレーを石油ストーブの上で作ってしのいでいたと言います。

なによりも大変だったのが、まだ6カ月の子どもがいたなか、ミルクとオムツがなかったこと。お店では1家族1つしか売ってもらえず、市役所では2回分のミルクしかもらえない。そんな状況を救ってくれたのは近所の方々でした。「1家族1つ」という縛りのある中、近所の方々が協力して買い出しをしてくれたり、余っているものを分けてくれたりしたそうです。

筆者の実家でもご近所に灯油をお裾分けしたり、農家の方は野菜をお礼にとブツブツ交換で地域が一丸となって、とくに女性たちのコミュニティーが発揮されていました。

実家の母も、「エアコンしかない家は、電気もガスも止まっているから冷たい物しか食べられない。余っている石油ストーブを貸してあげようと近所に持っていったら旦那さんが出てきて、遠慮なんだか知らないけど断るのよ。結局その後に奥さんが出てきてぜひ貸してくださいって感謝された。男ってバカかと思った」そんな話もしていました。

次ページ夫の勤め先の会社が倒産
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT