妻に「仕事を続けてほしい」と願う男性の本音

「僕が家事を手伝う」という言葉のわな

かつては女性のほうが年収が高いと「恥ずかしい」と感じる男性がいましたが、今は「自分より高くてもいい」「高いほうがいい」と考える男性は、私の感覚だと弊社の会員でおそらく半数以上、7割近くいると思います。

公務員などの安定した職業や資格を持っている女性を希望する男性も多く、男性は「いつ自分が稼げなくなるかわからない」という危機感を持っているようです。 男性公務員Dさんの妻は医者。かなりの激務です。患者さんの容態によっては定時で帰れないこともしょっちゅう。当然、オペをしながら「今日の晩ごはんは何を作ろうかな」なんて考えていられません。

目玉焼きしか作れなかった

一方、Dさんの勤務はシフト制で時間がきっちり決まっています。結婚前、Dさんは「君は忙しいから家のことは何もしなくていいよ。僕が全部やるから教えてね」と口説き落としていました。なかなか進んでいる男性だとそのときは思いました。

ところが、蓋を開けてみたらDさんは、独身時代はほとんど外食だったそうで、料理は目玉焼きしか作れない。その意識のまま結婚したために、結果、目玉焼きだけの夕食が30日間続いたそうです。

ウィンナーやハムを付けてみようとか、料理本やネットのレシピを見て自分で工夫してみようという考えには至らないんですね。やっぱり家事は女性が中心、男性はあくまで「手伝う」という認識から抜け出せていなかった。結局2人は離婚しました。

女性が働き、家計の大半を担うようになったとしても、男性の意識や行動が変わらなければ男女のアンバランスは一向に改善しません。「妻とともに支え合っていきたい」と言葉で言うだけでなく、実行に移さないと結婚生活は長続きしないと思います。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。