受験生の息子が突然不登校になった親の"後悔"

今だからわかる親の寄り添い方

「このタイミングしかない」と思い、私は仕事を辞めました。仕事を辞めることは悩みに悩みましたが、息子との信頼関係が少しずつ戻ってきたのであれば、この機会を逃してはいけない。

仕事よりも、とにかく息子を助けたいという一心でした。私が昼間に家にいることの影響もいろいろ考えましたが、わが家の場合、結果的によかったと思っています。

21歳になった息子は今も「ネモ」に通っています。息子が不登校になって7年あまり、親としての私が以前と大きく変わった点があります。

それは「将来はどうするの?」と息子に聞かなくなったことです。息子を信じ、息子の今の気持ちを聞くこと、これを第一に考えています。

将来についても、息子がいちばん考えていると思いますので、急かすことも否定することもせず、息子が進んでいく道を応援したいと考えています。

今になってわかることですが、息子が不登校になったとき、親としてどう寄り添うべきだったのか。

それは、親が息子の力を信じ、家族全員が味方になるということ。親のよかれで息子の望まぬことをさせるのではなく、また社会で当たり前とされている価値観で息子を否定することもせず、今の状態をありのまま受けいれる、これが必要だったんだなって。

親は黙って、子どもの声を聞くのがいい。言葉で言うほど簡単なことではありませんが、これが悩みに悩み抜いて、私なりに出した結論です。

息子は今でもイライラしたり、落ち込むときがあります。とはいえ、以前と比べると、立ち直りが早くなった気がします。また最近では「前に進みたい」と言うようになりました。

子どもが学校へ行かない理由はいじめの場合もあれば、単に学校が合わないという場合もあります。

また、理由は本人もよくわからないということもあります。各々違いはありますが、だからこそ周囲が落ち着き、子どもの今の気持ちに共感し、家を安心できる居場所にすること。

そのためには、子どもの力を信じ、子どもの声を聞くことが欠かせません。これが不登校のわが子に寄り添うときに、親にできることなのかな、と私は思います。

「フリースクールネモ」は千葉県習志野市にあるフリースクール。「学校に行かない子や、家にいる子が安心して自分らしくいられる『居場所』」として2010年より居場所事業に取り組む。
現在、小学1年生から30代までの子ども・若者が26名通っている。またフリースクールのみならず、ひきこもり当事者の集いの場である「ひきこもりサロン」、不登校・ひきこもりの子を持つ親向けの「親サロン」のほか、電話相談や個人相談も行なっている。
詳細は下記を参照にお問い合わせを。
【連絡先】
〒275-0012 千葉県習志野市本大久保3-8-14-401
(TEL)047-411-5159
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT