働き方改革で消耗していく「中間管理職」の悲劇

問題解決をすべて背負わせるのは無理がある

働き方改革が進む一方、そのしわ寄せで管理職の苦悩は増えるばかりだ (写真:8x10/PIXTA)

働き方改革で会社の中間管理職が追い詰められている。

「残業だけ制限されて、業績目標は変わらない」「自分のキャリアの未来が見えない」「次の後継者がいない」……。2019年4月に働き方改革関連法案が施行されてから1年近くが経過したが、現場の管理職の苦悩がそこかしこで聞こえてくる。

働き方改革自体は進めるべきだが、現在の法令遵守という目的だけが前に出すぎた状況は、現場をむしばむ副作用をもたらしている。中でも極めて深刻なのが、「中間管理職の過剰負荷」の問題だ。いま、多くの企業で中間管理職が疲弊し、機能不全に陥り始めている。

管理職の業務量が増えた

では、管理職がどのような状況に陥っているのか。パーソル総合研究所は、管理職の中でも、現場に近い課長やプロジェクトマネジャーといった、「ファーストライン・マネジャー」2000人を対象に、置かれた状況を調査した(詳細はこちら)。

すると、働き方改革が進んでいると回答した企業のほうが進んでいない企業に比べて、「昨年より管理職自身の業務量が増えた」と回答している。

次ページ管理職は四重苦
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。