FRB、雇用回復後も超低金利維持の公算

FOMC終了、失業率6.5%の数値基準は撤廃

3月19日、米FRBは国内労働市場が完全回復し、インフレ率が目標まで上昇した後も、金利を異例の低水準に維持する可能性を示した。写真はワシントンのFRB。2013年7月撮影(2014年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 19日 ロイター] -米連邦準備理事会(FRB)は19日、国内労働市場が完全回復し、インフレ率が目標まで上昇した後も、金利を異例の低水準に維持する可能性を示した。

FRBは、連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明で、将来の金融政策の方向性を示す「フォワードガイダンス」について、失業率6.5%の数値基準を撤廃した。ただ、政策方針そのものの変更を意味しないとした。

失業率やインフレ率の基準よりも、広範な経済指標を政策決定の際に参考とする考えを示した。

ミネアポリス地区連銀のコチャラコタ総裁が決定に反対した。数値基準を撤廃すれば、インフレ目標達成への取り組みでFRBへの信頼性が損なわれかねないと主張した。

また、債券購入額は月額で100億ドル減らして、計550億ドルとする。購入額は国債が300億ドル、エージェンシー発行モーゲージ債(MBS)は250億ドルとした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。