FRB、雇用回復後も超低金利維持の公算

FOMC終了、失業率6.5%の数値基準は撤廃

3月19日、米FRBは国内労働市場が完全回復し、インフレ率が目標まで上昇した後も、金利を異例の低水準に維持する可能性を示した。写真はワシントンのFRB。2013年7月撮影(2014年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 19日 ロイター] -米連邦準備理事会(FRB)は19日、国内労働市場が完全回復し、インフレ率が目標まで上昇した後も、金利を異例の低水準に維持する可能性を示した。

FRBは、連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明で、将来の金融政策の方向性を示す「フォワードガイダンス」について、失業率6.5%の数値基準を撤廃した。ただ、政策方針そのものの変更を意味しないとした。

失業率やインフレ率の基準よりも、広範な経済指標を政策決定の際に参考とする考えを示した。

ミネアポリス地区連銀のコチャラコタ総裁が決定に反対した。数値基準を撤廃すれば、インフレ目標達成への取り組みでFRBへの信頼性が損なわれかねないと主張した。

また、債券購入額は月額で100億ドル減らして、計550億ドルとする。購入額は国債が300億ドル、エージェンシー発行モーゲージ債(MBS)は250億ドルとした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。