FRB、雇用回復後も超低金利維持の公算

FOMC終了、失業率6.5%の数値基準は撤廃

3月19日、米FRBは国内労働市場が完全回復し、インフレ率が目標まで上昇した後も、金利を異例の低水準に維持する可能性を示した。写真はワシントンのFRB。2013年7月撮影(2014年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 19日 ロイター] -米連邦準備理事会(FRB)は19日、国内労働市場が完全回復し、インフレ率が目標まで上昇した後も、金利を異例の低水準に維持する可能性を示した。

FRBは、連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明で、将来の金融政策の方向性を示す「フォワードガイダンス」について、失業率6.5%の数値基準を撤廃した。ただ、政策方針そのものの変更を意味しないとした。

失業率やインフレ率の基準よりも、広範な経済指標を政策決定の際に参考とする考えを示した。

ミネアポリス地区連銀のコチャラコタ総裁が決定に反対した。数値基準を撤廃すれば、インフレ目標達成への取り組みでFRBへの信頼性が損なわれかねないと主張した。

また、債券購入額は月額で100億ドル減らして、計550億ドルとする。購入額は国債が300億ドル、エージェンシー発行モーゲージ債(MBS)は250億ドルとした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT